ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エンパイア号の航海日誌


訳はかなり意訳(誤訳?)している場合があります。

エンパイア号の航海日誌
 著者 Captain Hawkins

This book appears to be the log of a ship called 'The Empire.' The last entry speaks of the burying of a great treasure, and of the growing discontentment of the crew. There's a hastily scrawled note at the end, in different handwriting, that says 'Captain Hawkins won't be makin' no more log entries.'

この本は、エンパイヤ号という船の航海日誌だと思われる。最後の部分に、莫大な財宝を埋めたこと、そして乗組員の不満が高まっていることについて書かれている。最後には、別の人間の筆跡で走り書きされた一節がある。そこにはこう書かれていた。「ホーキンス船長はもう二度と日誌を書くことはないだろう」
スポンサーサイト
[ 2009/10/03 03:42 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)

ヒューバートの身の毛もよだつお話


私が翻訳しましたが訳はかなり意訳(誤訳?)している場合があります。

ヒューバートの身の毛もよだつお話
 著者 Bill Pete

Written and illustrated by Bill Pete
Hubert the Lion was haughty and vain.
And especially proud of his elegant mane.
But conceit of this sort is not proper at all.
And Hubert the Lion was due for a fall.

(文章と挿絵はビル・ピートによる)
ライオンのヒュバートLionは横柄でうぬぼれ屋であった。
彼は優雅なたてがみを特に誇りに思っていた。
しかし、この種のうぬぼれはそう続くものじゃない。
かくして、ライオンのヒュバートは落ちぶれることになった。

(管理者コメント)
この本はもともとあった本をかなり途中省略している。そのため「しかし、・・・」と書いた後すぐ「かくして、・・」なんていきなり結論になってしまっている(汗)。
もともとの本ではその省略した部分に、火事があってヒューバートは自慢のたてがみが燃えてしまって見るも悲惨な状態になったといったような部分がある。
[ 2009/09/27 05:24 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)

ディルザルの格言年鑑


私が翻訳しましたが訳はかなり意訳(誤訳?)している場合があります。

ディルザルの格言年鑑
 著者 不明

Gambling is the surest way of getting nothing for something.
Small deeds done are better than great deeds planned.
Never play backgammon with a centaur.

ギャンブルは有を無にする最も確かな方法である。
小さい事を成し遂げることは、大きな事を計画するだけより素晴らしい。
ケンタウロスとバックギャモンは決してやらないほうがいい。
[ 2009/09/27 05:24 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)

究極の知恵の写本 コデックス

私が翻訳しましたが訳はかなり意訳(誤訳?)している場合があります。

究極の知恵の写本 コデックス
 著者 不明

’To retrun the Codex to the Vortex, place a convex lens ecactly
midway between the Codex and the Flame of Sinularity, so that the
light from the flame converges on the Codex. Place a concave lens
between the Codex and the Flame of Infinity, so that its light diverges over the Codex. Then place the eight moonstones within the Vortex
Cube. Set it on the ground in front of the Codex, and use it to return
the Codex from whence it came.’

「コデックスをボルテックスに戻すためには、単一の炎からの光がコデックスに集まるようにコデックスと単一の炎のちょうど中間に凸レンズを置く。次に、無限の炎からの光がコデックスで分岐するようにコデックスと無限の炎の中間に凹レンズを置く。それから、ボルテックスキューブの中に8つのムーンストーンを置く。コデックスの前の地面にそれを設置し、それからそれを使用してコデックスを引き寄せられた場所から戻す。」

(管理者注釈)
ボルテックスキューブについて。
ボルテックスキューブという立方体のパワーを使って、ガーゴイルは究極の知恵の経典コデックスを、彼らの世界に引き寄せた。後に、アバタールがボルテックスキューブを使って、コデックスをエセリアル空間に戻し、人間とガーゴイルの両方が公平にコデックスの恩恵を得られるようにした。


[ 2009/09/27 05:13 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)

アバタールの探求


私が翻訳しましたが訳はかなり意訳(誤訳?)している場合があります。

アバタールの探求
 著者 不明

In days not long past, the Council of Wizards erected shrines to the eight virtues, that people throughout the land might meditate upon them. It was through studying the eight virtues and the three underlying principles that the great hero, who had defeated the Triad of Evil, started down the path that led to Avatarhood.
For verily it is known that the three principles are Truth, Love and Courage;
And that from Truth arises Honesty;
And from Love arises Compassion;
And from Courage arises Valour;
And that Truth comingled with Love gives rise to Justice;
And Love comingled with Courage gives rise to Sacrifice;
And Courage comingled with Truth gives rise to Honor;
And Truth, Love and Courage all united create Spirituality;
And the absence of all three principles leads to the vice of pride, which leads us to think of the virtue that is its opposite, that of Humility.

And on the quest to become the embodiment of the eight virtues, the Avatar recovered the Codex of Ultimate Wisdom and discovered that the one underlying concept that leads to the three principles which lead to the eight virtues is Infinity. Ponder this well, oh seeker!

Book 4 in the Classic Fiction Series


さほど遠くない昔、魔術師評議会は大陸の民衆がそこで瞑想するための八徳の神殿を建設した。八徳と三原理を学ぶことで、邪悪な3人を打ち負かした偉大な英雄はアバタールへの道のりを歩み始めた。
三原理が「真実」「愛」そして「勇気」であることはよく知られている。
真実から「誠実」が生ずる。
愛から「慈悲」が生ずる。
勇気から「武勇」が生ずる。
真実と愛が結合し「正義」が生ずる。
愛と勇気が結合し「献身」が生ずる。
勇気と真実が結合し「名誉」が生ずる。
真実、愛そして勇気すべてが一体となりしとき「霊性」が創造される。
すべての三原理の欠如は悪徳へとつながる。しかし、それは我々を相反する徳である「謙譲」の徳へ考えを至らせる。

そして、八徳を体現するための探求の旅の際に、アバタールは「究極の知恵の写本 コデックス」を見つけ出し、八徳へと導く三原理につながる1つの基本概念が「無限」であることを発見した。このことを充分に熟考するのだ!探求者よ!

古典的フィクションシリーズ 第4巻
[ 2009/09/26 19:15 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)

スニルウィッツのボードゲーム攻略大全


(私が翻訳しましたが訳はかなり意訳している場合があります)

スニルウィッツのボードゲーム攻略大全
 著者 Snilwit

Chess: Try to control the middle of the board with your knights,
bishops, and pawns.
Nine Men's Morris: Don't let any of your pieces get trapped in the
corners.
Draughts: Keep your pieces along the sides of the board, where
they can't captured.

チェス: ナイト、ビショップ、ポーンで盤上の中央を支配するようにしてください。
ナインメンズモリス: 盤のコーナーで駒を止めてしまわないようにしてください。
ドラフツ: 盤の端を駒で確保してください。盤の端に置かれた駒は取られることはありません。


参考資料
チェス
ゲームの王様と呼ばれるチェスは、将棋系では最も国際的なゲームで世界各国でプレイされています。 古代インドのチャトランガと呼ばれる4人制のレースゲームが、8×8の盤上で相手の王を詰めたら勝ちという2人制のゲームに変化し、それが隊商路(隊を組んで行き来する商人の道)を通 じてペルシアに伝わり、シャトランジという名前でアラブ世界に広く浸透して行きました。そのシャトランジが8~9世紀にスペインを経てヨーロッパ諸国に伝わり、13世紀後半頃に駒の性格が変化して(ビショップやクイーンの誕生)、現在のような形になりました。その後、19世紀頃に現在行われいているのと殆ど同じルールでプレイされるようになりました。日本にも明治時代に西洋将棋として移入され、現在でも広く親しまれています。

ナインメンズモリス
ナインメンズモリスは古代エジプトを起源とする最古のボードゲームの一つです。同じ形のゲームが世界中に存在しており、「ミル」「Muhle(ドイツ)」「Merrelus」「三棋」など様々な呼び名で親しまれております。日本にも「石並取(いしなとり)」や「十八むさし」という名前で存在し、明治時代の初期頃まで遊ばれておりました。14世紀頃にはヨーロッパで大流行し、シェークスピアの「真夏の夜の夢」にも登場する等、大変ポピュラーなゲームでした。内容は、駒を三目を並べた方が相手の駒を取って行くという配置型のゲームで、駒数により「5人のモリス」「7人のモリス」「12人のモリス」など様々なバリエーションが存在しております。

ドラフツ
ドラフツは、国際的なチェッカー競技で、アングロサクソン系チェッカーよりも駒の力が強く、盤面 が変化に富んでいるので、ロシアや東欧を中心に、アフリカ諸国や東南アジアの一部、ロシアの影響の強いモンゴル、国際大会に向けて選手層が増した中国等と、世界各地で親しまれております。ドラフツには「10×10・100マス」と「8×8・64マス」の盤が存在し、8×8マスの64ドラフツは、ブラジル式とロシア式という大きな2つのルールが主流となっております。

画像および各ゲームの説明は「世界遊戯博物館」さんから引用。
日本のみならず世界各国の伝統的ゲームが詳しく紹介されている素晴らしいサイトです。

[ 2009/09/26 17:59 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)

第三暗黒期


(私が翻訳しましたが訳はかなり意訳している場合があります)

第三暗黒期
 著者 不明

Once Minax was gone, peace reigned for twenty years. And then the last of Mondain's legacy became known. For he and Minax had together produced an unholy creation known only as Exodus. For many years it had stayed hidden, patiently gathering information to heighten its powers. Finally it chose to exploit the results of its diligence. Creating a mighty castle to reside in, Exodus brought forth a third plague of monsters, and nowhere in Britannia was safe from its relentless evil. This was the greatest challenge yet for our hero from another world: yet once again the Avatar proved triumphant. And with the defeat of Exodus, a new era of prosperity began.

Book 3 in the Classic Fiction Series

ミナクスが亡くなってしまうと、20年間平和が続いた。 そして、モンデインの遺産の結末は誰もが知るところとなった。 モンデインとミナクスは一緒になって、エクソダスということしかわからない何か不浄な創造を行っていた。 何年もの間それは隠れたまま、その力を高めるための情報を我慢強く収集していた。 最終的に、エクソダスはその研究の結果を利用した。 エクソダスは強大な城を造り、第3の怪物大襲来を引き起こした。その容赦ない邪悪さに対して安全な場所はブリタニアのどこにもなかった。 これはさらに別世界からの我々の英雄にとって最大の挑戦でもあった。 しかし、アバタールは再度勝利を収めていることがわかった。 そして、エクソダスの敗北で、新たな繁栄の時代が始まった。

古典的フィクションシリーズ 第3巻
[ 2009/09/22 21:38 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)

第二暗黒期


(私が翻訳しましたが訳はかなり意訳している場合があります)

第二暗黒期
 著者 不明

After Mondain's passing, Minax the enchantress brought forth terrors to menace the populace. She had been apprentice to Mondain. Perhaps more than that, if the moaning and wailing that echoed through the halls outside their shared bedchamber bore any meaning. She established a reign of death and destruction, her magic fueled by the strength of her passion. Again it was only the return of the Avatar that put an end to the oppression. Minax was vanquished, as Mondain before her.

Book 2 in the Classic Fiction Series

モンデインが倒された後、魔女ミナクスが恐怖を生み出し大衆を脅かした。 ミナクスはモンデインの弟子だった。 おそらくモンデイン以上に、ミナクスは寝室の外にホールを通って響き渡る呻き嘆き悲しむことであればどんな事でも生み出した。 ミナクスは死と破壊の治世を創り出し、彼女の激情の強さによって彼女の魔法は力を増した。 一方、このことは圧制を終わらせるアバタールの復帰にもつながった。 ミナクスはモンデイン同様、アバタールに打ち負かされた。

古典的フィクションシリーズ 第2巻
[ 2009/09/22 21:02 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)

第一暗黒期


(私が翻訳しましたが訳はかなり意訳している場合があります)

第一暗黒期
 著者 不明

Early in the reign of Lord British there came unto the land of Britannia a powerful wizard named Mondain. He brang forth many creatures of
great evil, using the power of his magic to control them. And there was great suffering throughout the land. It was in these days that the
Avatar first came unto our realm, to vanquish Mondain and liberate our people.

Book 1 in the Classic Fiction Series

ロード ブリティッシュの治世の初期、モンデインという強大なウィザードがブリタニア大陸にやってきた。 モンデインは非常に邪悪な生き物を数多く生み出し、魔法の力でそれらを操った。 そして、ブリタニアは非常な災難で覆いつくされた。 このとき、アバタールが我々の王国に来て、モンデインを打ち負かし我々の同胞を解放したのである。

古典的フィクションシリーズ 第1巻
[ 2009/09/22 20:24 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)

ガーゴイル伝説に関する論文

(私が翻訳しましたが訳はかなり意訳している場合があります)

ガーゴイル伝説に関する論文
 著者 Norlick the Elder

Though gargoyles are considered by most to be mere legend, no records exist documenting the origins of the gargoyle 'statues' that adorn many castles. Even the towering stone guardians of the Codex of Ultimate Wisdom have many of the physical characteristics of the 'legendary' gargoyle. Nobody seems to know where they came from either. Despite the lack of hard evidence, there have been a fair number of unconfirmed reports of sightings of live gargoyles. It is the opinion of this author that daemons are a form of gargoyles. As many reliable encounters with daemons have been documented in various scholarly works, perhaps this is the best source of further information on the subject of gargoyles.

ほとんどの人はガーゴイルは単なる伝説であると考えているが、多くの城に飾られているガーゴイル像の由来を記した記録はない。究極の知恵の経典コデックスのそびえ立つ石のガーディアンでさえ、伝説的なガーゴイルの肉体的特徴を多く備えているにもかかわらずだ!誰もガーゴイルがどこからどこへ来たのかを知っているとは思えない。確実な証拠は無いが、生きたガーゴイルに関する目撃例に関してはかなりの数の確証のない報告があった。 デーモンがガーゴイルのモデルであるということが、この本の筆者の意見だ。
デーモンとの多くの確証のある遭遇が様々な学究的研究に記録されているが、おそらく、これがガーゴイルに関する話題において最もよい詳細な情報源といえよう。


[ 2009/09/17 20:14 ] アイテム関連 [UOSA]NPC本 | TB(0) | CM(0)
2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。