FC2ブログ

ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

徳の影 - 失ったもの、見つけたもの(Lost & Found)-Part4 二面性のクリスタル

下記の日程でイベント実施(花火をもらえる)

7月10日(土)
Izumo 20:30
Sakura 21:00
Yamato 21:30
Mugen 22:00

7月11日(日)
Wakoku 20:30
Asuka 21:00
Mizuho 21:30
Hokuto 22:00

少し前、ねずみのシェリーが玉座の間の壁にあるねずみの穴を通った奥で(徳の影 - 失ったもの、見つけたもの(Lost & Found)-Part1参照)偶然にも、二面性のクリスタル(The Crystal of Duplicity)(徳の影 - 失ったもの、見つけたもの(Lost & Found)-Part2参照)を発見した。

「二面性のクリスタル」はリカルドが盗もうと狙っていた宝物で、復興をめざすカオス軍の残党の可能性もあるベイン選民の登場(徳の影 - 良き隣人参照)、さらに情報(徳の影 - 失ったもの、見つけたもの(Lost & Found)-Part4参照)によると、宝物庫を開くために必要な品と力の言葉に関する情報を多くの者が知ってしまったため「二面性のクリスタル」をそのままにしておくことは、誰かに持ち去られてしまう可能性がますます高くなることになると判断したようだ。

今回のイベントでは玉座の壁の奥にあるらしい「二面性のクリスタル」を確保することが目的で、ブリテン城の玉座の間には大きな穴が開いており付近にはその穴を開けた際のものと思われる瓦礫が散乱している。

2010y07m10d_045537812.jpg

二面性のクリスタルはリカルドが盗もうと探していた宝物だが、彼の調査結果に書かれていた二面性のクリスタルの場所に関連する情報の要点は次のとおりだった。

・「二面性のクリスタル」はロード・ブリティッシュの宝物庫にあるらしい。
・宝物庫はブリテン城の玉座の間にあると思われる。
・宝物庫の封印を解くには「ある物」を手に持って「力の言葉」を唱える必要がある。
・「ある物」はロード・ブリティッシュの「王冠、セプター、ケープ」のいずれかのようだ。
・「力の言葉」は「An Sanct grav vas Ylem nes uus」のようだ。
   それぞれの意味は次のとおりである。
   An 否定、消散 (Negate, Dispel)
   Sanct 保護、防御 (Protect, Protection)
   grav 場 (Field)
   vas 偉大 (Greate)
   Ylem 事象 (Matter)
   nes ~しなければならない (Must)
   uus 上昇、向上 (Raise, Up)

リカルドの調査結果の全文は「リカルドの調査結果」という記事を書いた。
調査結果の中には二面性のクリスタルの場所の情報だけではなく、二面性のクリスタルそのものに関する情報も書かれているので興味のある人は読んでみるといいと思う。

(イベントの詳細は「続きを読む」をクリック!)
スポンサーサイト



ロード・ブリティッシュリの宝物庫に関するカルドの調査結果

リカルドの調査結果

第1巻
あの有名なロード・ブリティッシュの宝物庫をあける合言葉についてかいておこう。
調べるのにだいぶてこずったが、どうやら力の言葉が必要らしいことがわかった。
最初の言葉は「An」のはずだ。

第2巻
これは俺がロード・ブリティッシュの宝物庫を開く力の言葉をかくす二番目の場所だ。
あの宝物庫はロード・ブリティッシュの城のどこかにあるはずだぜ。
俺を待っているお宝の山をそうぞうすると、頭がクラクラしてくる。だが、今はそんなことを考えている場合じゃねぇな。
俺の大事な二つ目の言葉、それは「Scnct」だ。

第3巻
ロード・ブリティッシュの宝物庫に眠るどえらいお宝のなかに、ミナックスがもっていたクリスタルがあることがわかった。あのアマはそのクリスタルを使ってフェルッカとトランメルの両方に同時に存在できたそうだ。
こいつはおもしれぇ。そいつを使っていろいろと悪さをできそうじゃねぇか。同時にトランメルの二か所にいたりできたりしねぇかな?楽しみになってきたぜ。
それから、宝物庫のカギとなる、三つ目がわかった「grav」だ。

第4巻
仕くみはわからねぇが、このランプと魔法の場所にはぶったまげたぜ。秘密をかくすにはおあつらえむきの場所だ。俺はこのランプを見つけただけで、作ったわけじゃないんだが、とにかく秘密のかくし場所には最高だ。ランプの持ち主、つまり俺しか見つけられないんだからな!さて、四つ目の言葉を書いておこう。
「vas」だ。

第5巻
宝物庫の場所だが、玉座の間にあると俺はにらんでる。あたりまえだが、城の中で一番けい戒がげん重な場所だからな。探り出してやろうと思う。
それから、俺が調べ上げた五番目の言葉だが、「Ylem」だ。

第6巻
昨夜はさりげなく城をうろついて、例の力の言葉をためしてきた。だが、ダメだった。まだなにかがたりねぇ。こう、なんていうか、あの力の言葉をとなえるときに手に持つようなものが1つか2ついるような気がするんだ。それが何なのかまだわからねぇが、つきとめてやるぜ。
六つ目の力の言葉は、「nes」というんだが、こんな言葉は今まで聞いたことがねぇ。

第7巻
あの二面性のクリスタル(the Cyrstal o'Duplicity)について少しわかったことがある。この情報を買うために、せっかく盗んだ金をだいぶ払わされたからな、ここに書いておくか。
あのクリスタルはミナックスがぶっこわされる前のマジンシアから盗み出したらしい。あのアマが自分で持っていたのかどうかはわからねぇ。
だれかがマジンシアのどこかにかくしたらしい。もう少し情報を集めなければ。
今回が最後の力の言葉だ。七番目の力の言葉は「uus」だ。

第8巻
秘密をあばき、隠された物を見つけ出す天才マスターシーフの俺、すなわちリカルド様は、例のクリスタルにまつわる不穏な物語を見つけ出してきたところだ。
残念なことに、そのクリスタルを使っても俺がトランメルで同時に二か所存在することは無理らしい。
だが、2つのシャードの橋となるんだそうだ。面白くなってきたぞ・・・・・。正しい力の言葉を唱えれば、あるシャードから他のシャードになんでも複製することができるそうだ。
かつてロード・ブリティッシュにつかえていた王宮魔術師ニスタルは、これを使ってシャード内の世界、つまり今でいうフェルッカを他のシャードにコピーした。それが今のトランメルということらしい。
トランメルをコピーされる前にはどんな世界があったんだろうな。
その答えはわからんし、クリスタルを盗むのには関係ないことだが、ニスタルは自分達がにげる世界を作るために、何をぶっこわしたのか知っていたんだろうか?

第9巻
俺の最新の調査によると、ロード・ブリティッシュがあの宝物庫を開くためのアレを持っていて、守ってやがるとかなんとか。
だが、トランメルとフェルッカがあるかぎり、大いなるアーティファクトやら、ほかのアイテムも二つになっちまってるはずだ。これは賭けてもいい勝負だと思えてきたぜ。
そういうアーティファクトなら、ここフェルッカにあってもおかしくないよな。ほかのシーフの皆さんとはしばらくバイバイして、計画がバレないようにしないとな。
あのクリスタルのことを考えれば考えるほどふるえてくるんだぜ。俺の調査についても考えてしまうぜ。こんな良心にさいなまれるなんて俺らしくないぞ。だが、あの力ときた日には、そうも考えたくなるってもんだ。

第10巻
例の必要になるアイテムは、次の3つのうちのどれかだ。ロード・ブリティッシュの王冠、彼のセプター、彼のケープ。
だが、俺はもう調査から手をひくことにした。見つけない方がいい、失われたままの方がいいブツだってあるのさ。
最近、俺はオフディアンが持つお宝のことを知った。そのブツがあれば、足を洗って俺が望んでいたような生活ができるだろうな。金で貴族階級だって手に入るかもしれねぇ!
今は、いやおそらく永遠に、俺の調査結果はこの安全な魔法の場所に眠らせておこう。

二面性のクリスタルに関する情報の要点
・「二面性のクリスタル」はロード・ブリティッシュの宝物庫にあるらしい。
・宝物庫はブリテン城の玉座の間にあると思われる。
・宝物庫の封印を解くには「ある物」を手に持って「力の言葉」を唱える必要がある。
・「ある物」はロード・ブリティッシュの「王冠、セプター、ケープ」のいずれかのようだ。
・「力の言葉」は「An Sanct grav vas Ylem nes uus」のようだ。
   それぞれの意味は次のとおりである。
   An 否定、消散 (Negate, Dispel)
   Sanct 保護、防御 (Protect, Protection)
   grav 場 (Field)
   vas 偉大 (Greate)
   Ylem 事象 (Matter)
   nes ~しなければならない (Must)
   uus 上昇、向上 (Raise, Up)


徳の影 - 失ったもの、見つけたもの (Lost & Found)-Part4

徳の影 - 失ったもの、見つけたもの
(Lost & Found)-Part4


ねずみのシェリー(Sherry the mouse)が玉座の間を横切って慎重に足を進めていくのを、身じろぎもせずに女王のエリートガードが見つめていた。彼らはのどを保護するためのマスクを着用していた。あたりには埃と粉塵がうっすらと漂っているのだから、これは驚くに値しない。しかし城の人々の間ではこういった当たり前の事が、大したことではないと思われているらしい。みんながなんと言おうと、わたしは気にしないわ。あのマスクのどこがあごヒゲに見えるっていうの? それに牙にだって見えないわよ。それにしても、この部屋の散らかりようと言ったら本当にひどいわ。可笑しくなって、思わずほおヒゲがぴくっと動く。人間って、いつもねずみの穴を駄目にしちゃうのよね。

シェリーの報告を聞いたドーン女王(Queen Dawn)は、時間を無駄にすることはなかった。率直にいって、ちゃんと物事を待ってから、あのねずみの穴の場所に人間サイズの穴掘りを決行したことは、ドーンの女王としての経験の現れだとシェリーは思っている。指揮官としてのドーンならば、即座に駆けつけて壁を丸ごと破壊していたことだろう。だが、女王としてのドーンは、座して権威ある賢者たちに口先ばかりのお世辞を述べることを上手くやってのけていた。それでいて、長く待ちすぎていないところも良い。この後ろの壁をそのままにしておくと、尻尾の苦痛と引き換えにして見つけたあれを誰かに持ち去られてしまう可能性がますます高くなっていきそうだったからだ。もっとも、今はそれと異なった一連の問題を抱え込んでしまったわけだが。
ドーン女王の簡潔にして斬新な破壊への試みが生み出した結果は、世間の評判を瞬く間に下げてしまった。あの特別な品を回収し、玉座の間に散乱するがれきを片付けるまで、一般人の立ち入りは制限されている。人々の興味を引き付けたのはエリートガードが配置されたことではなく、そこで実際には何が起きたのかということだったが、女王も、王室顧問も、もちろんシェリーも、飛び交う憶測を止められそうになかった。クリスタル回収作業の完了前に、城壁でトランペットを吹き鳴らして発見を大々的に公表しようとは特に誰も考えていないようだった。これについてはシェリーに意見があった。きっと人々の混乱にもっと拍車をかけてしまっただろうから、真っ先にトランペッター募集をかけなかったのは正解ね。

すべての問題の根本は、獄中のリカルド(Ricardo)から聞いたという全手順の物語を広めている男がいることだった。誰でも彼が話す話を鵜呑みにしそうだった。驚いたことに、この男はリカルドと話したいがためにわざわざ牢に放り込まれたらしい。人間には、そしてねずみにだって独房に監禁されるなんて耐えがたいことのはずなのに! 幸い、この保安上の死角とも言える問題は今後再発することはないだろう。適切な手続きと手順とは何かという、女王直々の痛烈な訓戒がなされたのだからそれは確かだ。北西側の壁にある、人がくぐれそうな大きさの穴を見上げ、シェリーは微笑んだ。ねずみに比べたらまだまだ初心者ね、でもその割にはいい出来の穴じゃないの。縁のあたりがちょっとザラザラしてるけど、悪くないわ。全然駄目ってことはないわよ。さぁ、次は吹き飛んだものを取り出すのよ。
そして、女王の指示を受け、王国お抱えの採掘員が穴へと入っていったのだった。
2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR