ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソーサリアは眠る

ソーサリアは眠る
2010/7/21

ソーサリアは眠りの時を迎えていた。夜空の長いまつげが、満ちていく月の光に照らされた大地を覆う。

多くの人にとり、影とは災いの場所である。影は潜み隠れる場所である。そして、影は冷酷、孤立を暗示する。

しかし、また同時に、影は一部の者にとって、絶好の機会の場所なのである。


ケロムの夢

ケロム(Kerom)は“理想の戦士たち”のありふれた一員に過ぎなかった。

彼の瞼が夢の侵入を許したとき、肩の上の辺りで影が蠢いた。影。特異な一面の暗黒が彼を邪悪な喜びに包み込んでいる。この一族は闇から闇へと渡り、殺戮者たちの姿を隠してやることで死を生み出させていた。選民(chosen)の活動--沐浴するヘビたちの静寂を切りさき、彼らの存在に気づき遅れた犠牲者たちのしなやかな首に、二度と力を入れさせないこと。

そしてついに、かぐわしき勝利が彼らの手中におさまった。眠りにおちてなお理想の戦士たちのありふれた一員であるケロムは……微笑んだ。

眠りの中にあってさえ、彼の思考は働いていた。象徴主義などくそくらえだ。もちろん隠すことなどなにもない。全ては白昼の光の下で、そう、輝く太陽の光のもとで成されることだろう。選民一人ひとりが己の役目を果たすが如く、木漏れ日に染まる朝は人々に挨拶をおくるのだ。そして伝えられ、広がっていく言葉。「皆のために前進を!」癒されていく王国。「我らに続け!」そして生きとし生けるもの全てが希望の前にひれ伏す。「さあ、共に再生されよう!」

眠りながら喜びに包まれていたケロムだが、一部の人々がこの夢のためにどれほど混乱させられるのかということに思い至る。

「流血を対価として獲得した自由だと?」もちろん、選民ならだれでもこのことには完璧に納得していなければならないのだが。

しかし、剣と悲鳴の不協和音が彼のまどろみを震撼させたとき、彼の同胞もまた同じ夢に悩まされていた--閉じ込められ、檻から発せられる甲高い悲鳴は野営地中に響き渡り、彼の両耳を包み込んでいた。


ドーンの夢

ドーン(Dawn)は眠りから飛び起きた。激しく高鳴る心臓とはうらはらに、室内は静寂に包まれていた。はっきりとした鉄の味、己の血の味が口の中に広がっている。思わず乱闘で殴られた時のように口の中を舌でさぐる。だが強く握りしめた拳とくいしばった歯からは、力を抜いて良いようだ。

ブリタニアの民が彼ら自身の内に囚われ、声もなく叫び、目から涙が流れるという幻影が、まるでハロワー(Harrower)のように彼女に忍び寄ってきた。ドーン自身もまた叫んでいた。鏡に映し出された自分の姿を見るまでは。顔に口がない。そしてその光景は次第にぼやけていき、黒々とした爪が彼女の肩を抱こうとしていた……。まさに爪が届く寸前で、ドーンは手さぐりでブロードソードに手を伸ばす。

シーツの上で、探し求めていた剣の柄から手を放した頃には呼吸も少し落ち着いてきた。不思議なことに見えなくもないが、寝返りを打ったときに武器を実際に握りしめていたのだ。だが明らかにこれは訓練と反射的行動の結果にすぎない。

冷たい金属は動揺する彼女の心に安寧と静穏をもたらした。刃の平面部分に指をすべらせるにつれ、ドーンの唇にはかすかな笑みが浮かんだ。

ドーンは驚くほどにしっかりとした声を発し、夢の魔術を破った。「あら……、私ったらもう戦ってたのね」


前兆

ザー(Zhah)はしっかりと両足を地につけていた。王国の防御シールドとザーの間には魔法が流れ、大きく一杯に広げられた腕はその流れを包み込んでいた。ボイドの混沌と霧はザーの力の及ぶ限界付近でもてあそぶかのようにちょっかいをだしてくる。裂け目ができていないか探していると、タロンが熱くなってきた。

宮殿から南の聖地までの、あらゆる存在をザーは感じ取っていた。彼女の心はもっと遠くまで届いていたが、アビスの暗闇は回避している。そのあたりは最近の脅威から逃れてきたスラッシャー(Slasher)がザーの織成呪文の一角に食い込んでいるからだ。

ザーはうっとりと微笑み、物思いに耽る。「ごきげんよう。ボイドのお仲間さん」どんなものにも居場所があるのだ……。悪にさえも。

その瞬間、ザーの両眼はカッと見開かれ、全身の筋肉を苦痛と焼けるような痛みが襲った。翼には痙攣が走り、ザーが滅多に感じることがないものが弾けるのを感じた。それは、恐怖。

飛び退ったザーは、ひと羽ばたきで女王の居室を横切り、机に向かった。

そして猛烈な勢いで信書を書き始める。それは国境警備に宛てたものであり、半ば殴り書きといっていいほどだった。古の悪が動きはじめている。アビスにいるスラッシャーでさえもそれを感じ取り、もてあそぶおもちゃどころではないことに気付くだろう。

(以下、原文)

New Fiction - Sosaria Sleeps
16 Jul 2010 17:45:54 EST
Calvin Crowner

Sosaria slept, and the long lashes of the night sky covered the landscape beneath the light of a waxing moon.

For many, shadows are a place for the sinister. Shadows are a place to hide. Shadows imply a coldness, a detachment.

For others shadows are a place for opportunity.



Kerom’s Dream


Kerom was just another soldier in The Cause.

As the dreams slipped beneath his lids, shadows curled about his shoulder. Shadow: a different blanket of darkness shrouding him in wicked bliss. His kin moved in and out of darkness with grace, trading almost substance-les form for death. The movements of the chosen -- serpents bathed in warm oil, shredding silence from the warm, supple necks of their victims who were unaware all too late of their presence.

Finally, the lavender goal of their rewards rested in their hands. Even in his sleep, Kerom, just another soldier in the cause...smiled.

Even in this dream his mind worked. The symbolism not lost on him. Of course there was nothing to hide. All would be done in the light of day, in rays of sun and brilliant light. Dappled mornings would greet every citizen as each of the Chosen set about his task. And the message would spread: “Progress for all!” And the land would heal: “Follow us!” And every walking thing would surrender to the hope: “Join and be renewed!”

Kerom slept in bliss, aware of how disturbing these dreams might be for some.

“Freedom at the cost of blood?” Of course, it made perfect sense to the Chosen.

But as the cacophony of sword and scream thrilled his slumber, his brethren shared similar dreams -- the sound of the captured, shrieking in cages throughout the encampment, embraced his ears.



Dawn’s Dream


Dawn woke with a rush. The calm of the chamber mocked the thrum of her heart seizing against her chest. The distinct copper taste of her own blood filled her cheek. Her tongue searched as if she’d been struck in a brawl only to realize she needed to unclench her fist and teeth.

Visions of her citizens imprisoned in their own flesh, screaming without mouths, eyes tearing, stalked her mind like Harrowers. She too was screaming, until she saw her own reflection in a mirror, her lips and mouth absent, and she realized her vision blurring, dark claws embracing her shoulders … almost a caress as she fumbled for her broadsword.

Her breaths slowed as she released her aching grip on the sheets, finding she had mystically found her weapon as she tossed in her sleep. Certainly it was just training and reflexes.

The cool metal brought a peace and serenity to her reeling mind. As her fingers slipped along the flat of the blade her lips shifted into the glimmer of a smile.

She allowed her voice, surprisingly steady, to break the spell of the dream …”Oh … I’m more than ready.”



The Warning


Zhah planted her feet steadily; arms outstretched embracing the flow of magic between her and the shield that protected her Kingdom. The mist and chaos of the Void teased at the edges of her power. She felt her talons burn as she looked for breaches.

She felt the presence of all things from the palace to the Holy places in the South. Her mind reached further still until it skirted the darkness of the Abyss, the Slasher slipping out of a recent rampage to cut into a corner of her spellweaving.

She smiled adoringly thinking to herself , “Hello Cousin of the Void.” All things had a place … even Evil.

And in that instant her eyes snapped opened, and her muscles were caught in torment and searing pain. A convulsion ripped through her wings, feeling the spark of something she rarely felt: fear.

In a leap she was across the room, one sweep of her wings shooting her the length of the Queen’s chamber, to her desk.

Writing furiously, she half-scrawled a missive to her border patrols. An old Evil was on its way, and even the Slasher might find this one more than a plaything.
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。