FC2ブログ

ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

UOCを使うとPub67以降のトレハンポイント発見は楽!

UOCの使用の可否に関してEAのUOプロデューサが使用を認めるコメントを出したので追記。

トレハンポイントのピンが地図の真ん中に立っていない場合もあり、その場合はこの記事の方法そのままでは難しいと思う

この記事は2Dクライアントを対象に書いているがUOAssistの使用が必須なので注意。
また、UOCというツールを使用するがこのツールに必要な「.NET 2.0 framework」のインストール方法がわからない人は「UOCのための.NET Framework 2.0インストールについて」という記事を書いたのでその記事を参照。
UOCの一般的なトラブルへの対処法をこの記事の最後に追記(2010/8/11)
--------------------------------------------------------------------

Pub67が導入されるとトレハンポイントはランダムになる。過去のトレハンルーンブックは使えなくなるので、その都度自分で探す必要がある。

最初はMDSみたいな一覧を作ろうと思いTCで検証してその結果のそれなりの数のポイント情報をすでに記事として投稿したが、ポイントが完全にランダムになるようなので一覧を作っても意味がないと判断した。
そこで、「場所を見つけられない!!」という人の参考になればと思い、私のやっている方法を紹介する(強調するが「私のやっている方法」であって「こうしなければいけない!」ということではない)。

しかし、この方法だとトレハンポイントが完全ランダムになっても、各ファセットの端っことか中間とかの場所や孤島などをルーンに焼いて移動を楽にしておくだけでいいはず

UOCartographer (UOAMの後継と言われるマップツール)
まず大前提として「UOCartographer」(以下、UOCと略)というマップツール(フリーソフト)を使用する。
このツールはテルマー、アビスはもちろん全ファセットに対応し「サーバーを介した他プレイヤーとのマップ共有」を含めUOAMと同等の機能をもつ事実上UOAMの後継といわれているツール(UO2DクライアントだけではなくUOSAクライアントでも動作する)で、EAもこのツールの使用は認めたようだ。
UOCの開発者がUOCのサポートのためにUOSSにたてたスレッドの親記事に次の内容がある。

Representitives of EA/Mythic have directly told me that you will not be banned for using this and that I am free to distribute it. It does not sniff packets, read the clients memory or interfere in any way with the client.
(「EA/Mythticはこのツールを使用してもバンすることはないし自由に配布してもかわまない」と私に直接言ったというような内容)

また、EA公式サイトに掲載されたプロデューサからの手紙に関するUOSSのスレッドでのUOCの使用の可否を尋ねる質問への回答として、EAのUOプロデューサがUOCの使用を認めるコメントを書いている

Cal_Mythic
UO Producer

09-11-2010, 09:10 AM
Re: [UO Herald] Producer's Update - 9/10/2010
--------------------------------------------------------------------
Quote:
Originally Posted by Allicio
so from the statement about 3rd party programmes, am i right to say that we are not allowed to use uocartographer as cal states that uoassist and uoam are the only sanctioned programmes ??

You can still use Cartographer

UOSSのこのコメントはココを参照。

下の画像がUOCのサイトトップの画面で「Download now!」をクリックするとセットアップファイルをダウンロードできる。
わからないことがあればセットアップ実行後解凍されているヘルプファイルやサイトトップの「Stratics」をクリックすれば情報を得られるがどちらも英語だ。
ネット上で「uocartographer」をキーに検索すると日本語で詳しく解説したサイトがヒットするのでそちらを見るといいと思う。

UOCのサイトトップのURLは http://www.uocartographer.com/
2010y07m29d_152709484.jpg

重要な注意事項UO2Dクライアントの場合、UOAssist(以下、UOAと略)が動作していないとプレイヤー追跡は動作しない(全ファセットのマップ画面を見ることだけはできる)。
現在、UOクライアントは多重起動できるがUOAが動作するのは最初に起動したクライアントだけなので、UOクライアントを多重起動している場合はUOCも最初に起動したUOAが機能しているクライアントでしかプレイヤー追跡はしない。

以下、具体的にトレハンポイントを見つけるまでの手順だが、誰でもわかるように細かく書いたので文章も長いし画像も多いので注意。


トレハン地図を用意
トレハンポイントを特定するまでの手順紹介が目的なのでガーディアンの弱いLV2で説明。
2010y07m29d_144351578.jpg

掘りスキルが高いと掘るポイントを指定した時により広い範囲から掘り当てるので有利だが、私の実際のトレハンキャラにはMining(掘り)スキルははいっていないし、ほとんどの人もトレハンキャラに掘りスキルは入っていないと思うので掘りスキルはなしでやってみる。
2010y07m29d_144006046.jpg


地図のファセットへ移動
マップのファセットといま自分のいるファセット(つまりUOCに表示されているファセット)が違っても、UOCのメニューからファセットは選択できるが、今回の地図はマラスなのでとりあえずルナゲートそばへ移動した。左がトレハン地図で右がUOCである。
2010y07m29d_145020812.jpg


マップの画像枠サイズをあわせる
UOCのサイズ(縦および横)をトレハン地図にあわせる。サイズをあわせるのはマップ画像の部分。UOCをトレハン地図に重ねるとサイズをあわせやすいだろう。
2010y07m29d_145157921.jpg

2010y07m29d_145214531.jpg


トレハンポイントを目的地として登録
トレハンポイントへ移動するための準備をする。
UOCの右上の「最大化」をクリックする。
最大化をクリックすると下の画像の画面になる。
2010y07m29d_145054156.jpg

最大化した場合、UOCのウインドサイズの変更はできないがマウスのホイールを回すとマップの表示サイズを拡大縮小できるので全体が収まるようにする。
そして、「ここがポイントだな!」という部分を見つけたらUOCにナビゲートしてもらうためにそこを目的地として設定する(UOAMでのマーキングと同じ)。

地図がブリタニアだとマラスより広いので全体図を表示させるとわかりにくいかもしれない。その場合はまず全体図で大まかなエリアがわかったら表示サイズを拡大くして探せばいい(UOAMに比べてUOCの優れた点だが、UOCはマップをドラッグして表示の中心位置をずらせる)。

トレハン地図は北が真上になっているがUOCのデフォルト画面はUOプレイ画面と同じ右斜め上が北になっている。そのため比較しにくいかもしれないのでUOCの表示をトレハン地図と同じように北を真上に変えるといいと思う。
UOCの画面上で右クリックすると「Tilt Map」にチェックがついているのでそこを選んでチェックを解除すると北が真上の表示になる。
2010y07m29d_145228203.jpg

トレハンポイントを見つけたらそのポイント上でUOCの画面を右クリックしたメニューの「Set Destination」を選択するとそこが目的地に設定され移動する時にそこへの方向を矢印で教えてくれる。
トレハンポイントをピンポイントで見つけるのは現地でやるので、現段階ではおおよその位置でいい。
2010y07m29d_145253125.jpg

目的地の設定をしたら現地へ移動するがUOCの表示を北を真上にしている場合、実際のプレイ画面と向きが違うため移動しにくいと思うので、UOCで再度「Tilt Map」を選んでチェックをつけて北が斜め右上になるように戻す。
また、UOCの「最大化」となっていた部分が「元に戻す(縮小)」となっていると思うが、そこをクリックして最大化モードから抜ける。


トレハンポイントの特定化
UOCのナビゲートで現地に着いたら(消さなくても支障はないと思うが)ナビゲートの矢印が目障りなので消す。
2010y07m29d_145526875.jpg

UOCの画面上で右クリックしたメニューを出すと「Set Destination」だった部分が「Clear Destination」になっているのでそこを選ぶと矢印は消える。
2010y07m29d_145545484.jpg

移動する際、北をUOCで斜め右上に変えたと思うので、再度「Tilt Map」を選んでチェックを消して北が真上になるように変更してトレハン地図と並べる(画像は記事に掲載するためにくっつけているが実際は自分のキャラが見える空間は空けないと歩きにくいはず)。もちろんUOCのマップとトレハン地図のマップの表示縮小サイズは同じにする。

あとは歩いて位置を調整して2つの地図の表示が同じになれば自分が立っている位置がトレハンポイントだと思っていい。下の画像はナビゲートで着いた位置で撮ったもので実際のポイントより多少下の位置になっていたので掘る前に位置を調整した。
2010y07m29d_145732609.jpg

最初にUOCの画像枠サイズをあわせたのは、特徴的な地形をもとに位置を合わせることが可能になりトレハンポイントを特定化しやすいからだ。この地図で具体例をあげると、右下の岩山の上下の幅やその右側の緑地の幅、上の雪原の窪んだ部分の上下の幅やその右の幅などを目安に位置をあわせた。
つまり、位置合わせのコツはトレハンポイントそのものではなく、上下左右など端の部分の地形の形や幅が同じになるようにすることだ(マップの画像サイズを同じにしたことで可能になる)。
そうやって2つのマップ画像を同じ見た目にすることでトレハンポイント上に自分が立っていることになる。2つが完全にあっていなくて多少ずれていても誤差はかなり小さいはず。

あとは自分のそばを掘るだけ。この時は最初、まさにポイント上に立っていたようで掘ったときに「障害物が・・・」といったメッセージが出たので1マスずれて掘ったら隣に箱が出た。
2010y07m29d_150204015.jpg
2010y07m29d_150217765.jpg

なお、掘りスキルが0でもターゲットした場所を中心とした3マス四方をチェックするので宝箱と自分の間には最低でも1マス間隔をあけることができる。高レベル地図を掘ってみたら箱が真横にでた場合でポイントの真横は嫌だと思ったら、箱が完全に出る前にその場から離れると掘り出しは中断されてやり直せるので、箱との間に間隔をあけて掘りなおすといいと思う。


UOCの一般的なトラブルへの対処法
海外では2Dクライアントはクラシッククライアント(Classic Client)でSAクライアントはエンハンスドクライアント(Enhanced Client)なのでそれぞれの略称はCCとECになる。

インストール時のエラー
PCのOSがVista/7の場合は「管理者」としてインストーラーを実行する。


ブラックウィンドウになる(画面が真っ黒になる)
UOクライアントのパス名が正しいか二重三重にチェックする。Windowsのエクスプローラーなどで指定したパス名が実際に存在することを確認する。
デフォルトのUOクライアントのパス名は次のようになる。

2Dクライアントの場合
C:\Program Files\EA Games\ウルティマ オンライン 宝珠の守人
または
C:\Program Files\Electronic Arts\Ultima Online Stygian Abyss 2D
(client.exeというファイルがあるフォルダ)
SAクライアントの場合
C:\Program Files\Electronic Arts\Ultima Online Stygian Abyss

UOCのオプション画面
2010y08m11d_080617210.jpg

OSがWindows Vista/7で2Dクライアントの場合、UOCを管理者権限のあるユーザで起動してはいけない(UOCのインストール時は管理者権限のあるユーザで)。


プレイヤ追跡をしない
UOが2Dクライアントの場合
UOCを管理者として起動してみる。UOCとUOAがWindowsの異なるユーザレベルで動いているとVista/7の場合はUOCとUOAとの連携に問題が発生すると思われる。

UOがSAクライアントの場合(そもそもUOAは動作しないがUOAは不要)
SAクライアントの場合はUOAは不要だが互換のスキンが必要になる。UOSSのECベータフォーラムを調べる。そこにUOCがSAクライアントで問題なく利用可能になるスキンがある(ネット上で「UOSA スキン」などをキーワードにして検索してもヒットするはず)。
スキンを入手したらMapWindow.luaファイルをスキンのソースディレクトリにコピーする。
コピーするSAクライアントのフォルダは次の場所。

<クライアントのパス名>\User Interface\<スキン名>\Source\

<スキン名>の部分は使用しているスキン名。SAクライアントをデフォルトで使用している場合は<スキン名>の部分はDefaultになる。ただし、Defaultフォルダは存在しない場合は、User Interfaceフォルダの中にDefaultという名前のフォルダを作成し、さらにその中にSourceという名前のフォルダを自分で作成する必要がある。

具体例をあげると、SAクライアントをデフォルトで使用している場合のMapWindow.luaファイルをコピーする場所のパス名は次のとおり。

C:\Program Files\Electronic Arts\Ultima Online Stygian Abyss\User Interface\Default\Source\

MapWindow.luaファイルをそこにコピーしたらSAクライアントを再起動する。


サーバが動作しない
ポート番号を(例えば、11000のように)設定してあるか確認する。ポート番号が設定されていないかもしれない。UOCの設定をして終了する際はUOCのメニューの「exit」を選択して終了すること。右上角の「閉じる」をクリックしてUOCを終了すると設定内容が反映されない。
関連記事
[ 2010/09/19 02:35 ] [UO]トレハン | TB(0) | CM(15)
>EAもこのツールの使用は認めたようだ。

すいません。ソースはどこですか。
心配で使えません。
[ 2010/07/30 01:21 ] [ 編集 ]
UOSSのこの文章です。

Representitives of EA/Mythic have directly told me that you will not be banned for using this and that I am free to distribute it. It does not sniff packets, read the clients memory or interfere in any way with the client.

「EA/Mythicは、これを使用してもバンはしないし自由に配布しても構わないと私に直接言いました」といったようなことが書いてあります。

この文章はUOCのサイトトップの「Stratics」をクリックしたときにとぶスレッド(UOCの開発者がたてたスレッド)の親記事の中にあります。

他にも同じような心配をしている人がいるかもしれないと思い、記事本文中にも追記させてもらいました。
[ 2010/07/30 03:46 ] [ 編集 ]
UOCに関して
EAはUOSSのフォーラムで、TCのフィードバックを受けたり、EMがイベント告知やイベント結果を書いたり、EAスタッフが公式見解を書いたりしています。
その事実上EA公式掲示板ともいえるUOSSに記事本文にも書いたUOCの利用が許可されたという文章が載っています。

私はそれで十分だと思いますが、それだけでは心配な人たちもいるようです。EAに確認をとった方もいるようですが、決定権のないEAJにしか問い合わせをしていないようです。
決定権がないEAJに「UOCを使ってもいいですか?」みたいに聞いてもEAJでは判断できないのでまともな回答を得られない可能性があります。
そこで現在、私の方でEAにメールを送って確認をとっています。

結果が出たら記事本文のほうで紹介します。
[ 2010/08/01 06:18 ] [ 編集 ]
情報ありがとうございます!
すごい便利ですね~。
新しいトレハンがすごい楽になりました。
情報ありがとうございます!
[ 2010/08/09 23:14 ] [ 編集 ]
UOCでのトレハンでの注意点は!
>Tarteさん
こんにちは~
お役にたてて幸いです!
記事中には書きませんでしたが(書いたほうがいいんだろうけど)、トレハンポイントがUOのマップの端っこの場合、UOCやUOAMではあくまで自分が中心になってマップのない部分は真っ黒になりますが、トレハン地図の場合は真っ黒の部分は出さずにトレハンポイントのピンの位置をずらします。
その場合はUOCのマップ画像を地図にあわせてずらしての位置確認が必要だと思います。
[ 2010/08/10 11:50 ] [ 編集 ]
UOCがうごかない
場違いな質問かもしれませんが、もしわかったらでいいので教えてください。
私の家の環境がWindows7の64bitなのですが、検索した方法をいろいろ試しても画面が真っ黒のまま動作しません。
同じ環境で動いている人や、解決方法などわかる方いましたら教えていただけると助かります・・・
[ 2010/08/13 15:59 ] [ 編集 ]
>通りすがりさん

UOが2DクライアントとSAクライアントの場合の設定は違うので、2Dクライアントだという前提で書きます。
真っ黒になるということはマップデータを読み込めていないためですよね。
考えられる理由は大きくは2つです。

1つは2Dクライアントのパス名の指定を間違っている場合。
もう1つはUOCが管理者権限のないユーザで起動されていてマップデータを読み込む権限がない場合。

とりあえず、この2つのご確認をしてみてください。
[ 2010/08/14 07:36 ] [ 編集 ]
>>ぐりぐりさん
ありがとうございます。
使用クライアントは2Dです。
パス名ですが、何度もみなおしたので間違っていないと思います。
ちなみに「C:\Program Files (x86)\Electronic Arts\Ultima Online Stygian Abyss 2D」となっています。

管理者権限についてですが、右クリックの管理者権限で実行で常に起動しているので、問題ないかと思っていたのですが、他に実行方法があったりするのでしょうか・・・

質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
[ 2010/08/15 09:05 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
最近トレハンを始めたばかりで、苦労してました。
とてもわかりやすく、助かります。
ありがとうございました。
[ 2010/08/24 08:30 ] [ 編集 ]
Re: ありがとうございます
>ジャスミンさん
お役に立ててよかったです。
トレハン地図でポイントが地図の真ん中にない場合はこの記事の方法では難しいと思います。

その場合は・・・
30日寝かせて解読しなおしてポイントが地図の真ん中のものになることを祈るのが早い気がします。@@;
[ 2010/08/25 17:27 ] [ 編集 ]
DL出来ないです
せっかくUOCartographerをDLしようとしたのに、何故か変なところに行っちゃって、出来ないんですよねー
いったいどうしたでしょうか?
[ 2011/08/12 17:39 ] [ 編集 ]
確かに変ですね
確かに何か変ですね。
UO Cartographerでぐぐるとそのページがヒットするのも謎ですね。
調べてみますのでお時間をくださいね。

> せっかくUOCartographerをDLしようとしたのに、何故か変なところに行っちゃって、出来ないんですよねー
> いったいどうしたでしょうか?
[ 2011/08/18 01:04 ] [ 編集 ]
UOSSのUOCのスレッドを見てみましたが、やはりDLできない!といった投稿で終わってますね。

飛ばされるページはホスティングサービスをやっている会社のページのようなので、UOCの開発者がその会社との契約を止めたとかなのでしょうか・・・

結論としては、現状、DLするのは難しそうな気がします。
UOCはもともとフリーソフトですが、他の人への配布もフリーだったかは記憶にないので調べないといけませんが、フリーなら持っている知人からもらうとかしないとだめかもしれません。。。
[ 2011/08/18 01:17 ] [ 編集 ]
ちょっと手間だけど
UOCを入れたところ 地図が出る場所と出ない場所があるんです;;
で・・試したところ!
地図を見たいところで、MAP上で右クリし【Facet】にし【場所を選ぶ】
そしたらその場所の地図が見えてるので、そのまま
UOCから【Exit】する。 すぐにまたUOCを立ち上げるとFacetで選んだ
場所の地図は表示されるようになる。
ちょっと手間ですが切り替えがうまくいってないようなので
このような手段で見えるように努力していますw
誰かの参考になればと・・書かせていただきました~w
[ 2011/09/02 15:34 ] [ 編集 ]
UOCについて
>通りすがりさん
私もWindows7で黒くなっていたのですが、動くようになりました。
まず、管理者で起動してオプションの画面の左下のRebuildボタンを押します。その後、自動で閉じるのでUOCを再度管理者で起動します。
そうするとファイルを読み込んで動くようになりました。やってみてください。
[ 2012/01/13 15:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR