ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Napa Valley]イベントストーリー「訪問者たち」

訪問者たち

ロング(Wrong)ダンジョン探索の夜、デリラ・クロウ(Delilah Crow)はエセリアル・ウォーリアを調べるために刑務所へ戻った。彼女は1週間前、彼が独房のベッドに静かに腰掛けている様子をみてほっとしていた。

「戻ってきましたね。」Xelorは言った。「私は役にたちましたか?」

「よろしいですか?」彼女は彼の横の空いたスペースを身振りで指し示した。彼に傷つけられる恐れは彼の眼から赤い色が消えてしまうと、何日も前に消え去っていた。

「はい、どうぞ座ってください」「それが今の私に出来る精一杯のことですしね」と彼は答えた。

「そんなことはありません。」「あなたの情報で今夜みんな助かりましたよ。」と彼女は安心させた。

「私はロイヤルガードを手助けする機会を与えられたことに感謝しています。」彼はわずかに頭をさげてお辞儀した。「しかし、私が彼らに対して行なったすべてに対して決して償うことはできないでしょう。」

「あなたは驚くかもしれません。」デリラは微笑んだ。「時間がかかるかもしれませんが、あなたが自分の意思でそのことをやったわけではなかったとほとんどの人々が理解してくれると確信しています。」

「私はそんなつまらないものに汚染されることなどないくらい十分自分は強いはずでした。」彼は顔をしかめフラストレーションで自分の金髪に指を走らせた。「そのために私にはもう故郷はありません。」

「他のものたちはどうあってもあなたが戻ってくることを受け入れないでしょうか?」彼女は尋ねた。

「受け入れないでしょう。そして、彼らは受け入れるべきではないのです。」彼はあっさりと答えた。「私は追放されたのです。そして、それが正しいことなのです。」

「私がここに来たのは、あなたは長いことここにいる必要はないだろうということを告げるためです。」デリラは言った。「とにかく、皆があなたがもう脅威ではないと確信したら、あなたは釈放されるでしょう。」

「私には他に行く場所がありません。」Xelorは答えた。「私が自由の身になった時、私に何が起きるでしょうか?」

「そのことはあなたが自分で決断しなければならないでしょう。しかし、友よ!私はできる限りのことをしてあなたを助けるつもりです。」デリラは優しく手を彼の腕に置いた。手が触れた時、彼は少したじろいで言った。「その時が来れば、あなたは何か価値のあるものを見つけられると確信しています。」

「また会いましょう。」彼は優しく言った。「この先まだ訪ねてきてくれますか?」

「あなたが望むなら」と彼女は答えて、その返事に普段はストイックな彼の顔が少し微笑んでいることに気づいた。彼女はXelorの横の席から立ち上がりながら言った。「私は今夜ブリタニアへ戻りますが、明日の何時かにまた来ます。」

「安全な旅を!」エセリアル・ウォーリアは返事をした。デリラが再びいなくなることを知って、彼は予期していなかった深い悲しみを感じた。

デリラはムーンゲートを利用してブリティッシュ城まで旅して、ミッションレポートを完成させ前日からのことの記録を作成するために自分のオフィスへ戻った。少し時間が経って、彼女は廊下からガサガサする音と足音を聞いた。

「そこに誰かいるの?」彼女は大声で尋ねた。デリラは椅子から立ち上がろうとしたが、彼女の口の上には見覚えのない手があって制された。

「動くな!」彼女の襲撃者は命令した。

デリラはその男の言うことを聞く気は全くなく、自由になろうと抗った。体に小さなダガーが刺さるのを感じて、彼女は痛みで呻いた。そして、デリラが何かできることをしようとする前に何かわからない物で頭を殴られた。彼女は冷たい石の床に転がり、暗闇の中に飲み込まれていった。

その間、Xelorはベッドから突然起きて座ると周囲の音を聞いた。彼は石の上の微かな足音を聞くことができた。彼は一瞬、デリラが戻ってきたのかと思い、独房の錠のかかった扉越しに見ようと立ち上がった。廊下の集団の中にブラッドストーン・カルトの黒と赤のローブを見た時、彼は目を見開き後ろの壁に後ずさりした。

「助けてくれ!」彼は大声で叫んだ。彼の太い声が重たい壁に反響した。そして、そのカルト信者たちは彼との間の鉄の扉を開けようと急いだ。

男たちがXelorを取り囲み、彼は扉をふさいでいる男に向かって突進した。男たちは彼を嘲って、彼が見る間もなく鉄の棍棒で彼の肩を殴った。衝撃で鋭利な突起が彼の肉体と衣服に食い込み、彼は苦痛で床に倒れた。彼が起き上がろうとしたため再び打たれて、出血ですぐに彼は力がでなくなった。痛みに倒れる前に彼が覚えているのは地面を引きずられていることだった。

アーリア(Arya)は看守服のまま倉庫で物資を取っている時に騒動を聞いた。彼女の同僚が息切れしながら勢いよく部屋に飛び込んできて、彼女は突然彼が現れたことで眉を吊り上げた。

「何が起きているの?」彼女はその若い男に訪ねた。

「牢屋に人が何人もいます。」彼は喘ぎながら言った。「彼らはムーンゲートで入ってきて私の仲間を倒し、彼らの1人が仲間の武器を取り上げました。」

看守長は持っていたチェインメイルの胴着の束を落とすと武器の用意をして牢屋の独房へ走った。彼女がエセリアル・ウォーリアの独房へ着くと、独房の中でムーンゲートがちょうど閉じるところを見た。アーリアは扉を開き、床を一瞥すると喘いだ。

「裁判所の事務所へ行ってひとり捉まえてきて!」彼女は後ろの男に命令した。「至急、ブリテンにメッセージを送る必要があるわ。」

Visitors
The night following the exploration of dungeon Wrong, Delilah Crow returned to the jail to check up on the ethereal warrior. She found him sitting quietly on the bed in his cell, which was comforting given his state a week ago.

“You returned.” Xelor observed, “Was I of help?”

“May I?” she gestured to the empty space beside him. Her fear of being injured by him passed days ago once he lost his red hue.

“Yes, please sit,” he replied, “It is all I am able to offer now.”

“That’s not entirely true,” she reassured, “Your information did help everyone tonight.”

“I am grateful to be allowed the chance to aid the Royal Guard,” he bowed his head slightly, “but I will never be able to atone for all I’ve done against them.”

“You might be surprised,” Delilah smiled, “It will take time, though I’m sure most people realize you weren’t in control when you did those things.”

“I should have been strong enough not to allow myself to be contaminated by a mere trinket,” he scowled and ran his fingers through his blond hair in frustration, “Because of that, I no longer have a home.”

“The others won’t accept you back under any circumstances?” She inquired.

“No, and they should not,” He stated simply, “I was banished, and rightly so.”

“I came down here to tell you that you’ll have to remain here for a while longer, anyway,” the ranger stated, “Once everyone is convinced you’re no longer a threat, you will be released.”

“I have no other place to go,” Xelor replied, “What will become of me when I do gain freedom?”

“You’ll have to decide that, my friend, but I will help you as much as I am able,” Delilah placed a gentle hand on his arm, and he flinched slightly at the touch, “I’m sure you can find something worthwhile to do when the time comes.”

“We shall see,” he stated softly, “Will you still visit?”

“If you wish,” she thought she noticed a small smile on the his usually stoic face at her reply. She rose from her seat beside Xelor, “though I had best be getting back to Britain for tonight. I will come back some time tomorrow.”

“Have a safe journey,” the ethereal warrior replied. He felt a twinge of unexpected sadness as he watched the ranger leave once again.

Delilah traveled to Castle British by moongate and returned to her office to complete the mission report and make notes from the day before. Some time later, she heard a rustling noise and footsteps from the hallway.

“Who is there?” She asked loudly. Delilah tried to get up from her chair, but was stopped when an unfamiliar hand found itself on her mouth.

“Don’t move,” her attacker commanded.

The ranger had no intention of listening to the man, and struggled to free herself. She hissed in pain as she felt a small dagger enter her flesh, and before Delilah could do anything more, something unseen hit her in the head. She fell to the cold, stone floor and into the darkness that engulfed her.

Meanwhile, Xelor sat up suddenly from his bed and listened to his surroundings. He could hear faint footfalls on the stone. He wondered for a moment if the ranger had returned, and got up to look through the barred door to his cell. His eyes widened when he saw the black and red robes of the bloodstone cult on a group men in the corridor, and he backed away to the rear wall.

“Help!” he yelled. His deep voice echoed off heavy walls, and the cultists hurried to open the iron door between them.

The men surrounded him and he lunged at one blocking the door. The man sneered at Xelor, and hit him in the shoulder with an iron mace the warrior did not see. The sharp spikes dug into his flesh and clothing on impact, causing him to drop to the floor in agony. He was struck again as he tried to rise, and the blood loss soon took a toll on his strength. His last recollection before succumbing to the pain was of being dragged along the ground.

Arya heard a commotion as she was taking inventory on remaining jailor uniforms in storage. One of her colleagues burst into the room out of breath, and she raised an eyebrow at his sudden appearance.

“What is going on?” she asked the young man.

“There are people in the jail,” he panted, “They came in with a moongate and knocked my partner out. One of them took his weapon.”

The head jailor dropped the pile of chainmail shirts she held, and ran to the prison cells with her own weapon ready. She arrived at the ethereal warrior’s cell in time to see a moongate close inside. Arya opened the door and gasped when she glanced at the floor.

“Go get one of the court officers,” she commanded the man behind her, “I need to send a message to Britain immediately.”
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。