ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Catskills]イベントストーリー「暗黒への転落:逃亡」

Fallen Into Darkness: Escape
暗黒への転落:逃亡

レリヴィニアン(Relvinian)の腐食し節くれだった体はヘッジメイズの地中深くで長い柱の底のところで石壁に落ち込んだ。死から蘇ったリッチなので、彼の体力は魔法と不可分に結合されていた。彼はパワーの余力を全て使い果たしていて、移動する前に回復するための時間がいくらか必要だろう。

彼の上では、アンデッドメイジの更なる追求を求める声が入り混じった勝利の叫びが聞こえた。「愚かな。やつらは私が最初の場所からこうやって立ち去らないのには理由があるとわかっていない。」レリヴィニアンは囁いた。ぼろぼろの彼の顔は永遠の混乱へとゆがんだ表情が残っていた。

本当に理由があったんだ。正面の道を意地悪く凝視して調べながら彼はそう思った。打ち負かされて、この場所へ逃げることが彼にできる唯一の選択だった。彼はいま自分が何に直面しているかわかっていた。そして、彼はパワフルだったが自分の墓の下で何を発見できたかほとんど理解できなかった。

彼はここの彼の通路は見つかるかもしれないと思った。彼が望めた幸いなことは、ここに住んでいた実体は彼に興味を持たないだろうということだと知っていた。この場所は人が予想するような邪悪の源ではなかったが、それでもなお偉大な力の源だった。レリヴィニアンはその唯一の住人が彼に対して何をできるかは恐れなかったが、Ix Tabと自分自身が持つことができた計画に干渉されることを恐れた。

レリヴィニアンはやってくる何かから逃げるべきであることは全く疑っていなかった。しかし、ここの彼の場所の入口は地中深くから逃げ出す方法が1つではないことを確信させた。上の方の声がつぶやきへと静まっていき、彼は前方で暗黒の深淵からの笑い声か何かを聞くかもしれなかった。


Fallen Into Darkness: Escape

The decaying, gnarled body of Relvinian slumped against a stone wall at the bottom of a long shaft deep underneath the Hedgemaze. As a Lich risen from the dead, his physical strength was tied inseparably to his magic. With his stores of power utterly depleted, he would need some time to recover before moving on.

Above him he heard cries of victory mingled with calls for further pursuit of the Undead mage. “Fools. They do not realize there is a reason I didn’t leave this way in the first place,” Relvinian muttered, the tattered remains of his face twisted into a permanent snarl.

Indeed there was a reason, he thought as his malevolent gaze searched the way in front of him. Defeated, escape to this place was his only option. He knew what he would now face, and powerful as he was, he could barely comprehend that which could be found underneath his grave.

He knew his passage here would not go unnoticed – the best he could hope for is that the entity that dwelled here would not take an interest in him. This place was not a source of evil, as one would expect such a location to be, but was nonetheless a source of great power. Relvinian did not fear what its’ sole inhabitant could do to him, but rather the interference it could have on the plans of Ix Tab and himself.

Relvinian had little doubt that he would escape what was to come. But his entrance here ensured that he wouldn’t be the only one escaping the depths of the earth. The voices above having quieted to a murmur, he could hear something ahead – laughter from deep within the darkness.
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。