FC2ブログ

ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

[Atlantic]イベントストーリー「ジプシーの復讐」

The wrath of a gypsy
ジプシーの復讐

アガタ(Agathe)は彼女の祖母がした話は単純に比喩であるといつも教えられていた。伝統と老いぼれの馬鹿げた話。しかし、ウーロム(Uulom)の寺院が発見されたとき、それはどうしようもなく奇妙な感じだった。

何世代もの間、洞窟の入口は堅く封鎖され忘れ去られていた。崇拝されていた蜘蛛の女王が愚かな自分らの幼虫を洞窟の表に送った時だけ、洞窟の入口は発見され鍵が解除され、その後略奪され冒涜された。

彼女の怒りは激怒に変わった。彼女はウーロムの寺院に彼女が生きるに値する敬意を示そうとした。このジャサイア・ハベル(Josiah Havel)は金庫を略奪しようと考えているように思えた。

彼女はブリテンの西のキャンプにいる女王に不満を持つ者を知っていた。おそらく、十分な大群衆で立ち向かったらその王宮考古学者は寺院の鍵を放棄して彼女に渡し、寺院を守り崇拝することを許すだろう。アガタの演説が群集に向かって始まった。
agathe2.jpg

群集は彼女にあらゆる言葉を投げかけた。しかしすぐに彼女の言葉はその場に非常に深く浸透し、そしてすぐに他の人々は心に血をたぎらせた。

本当にこれらの人々、これらの「英雄たち」は平和裏に集まった非武装の群集を攻撃しないだろうか?

悲しいかな、やったことすべては1人の心得違いのパラディンがその場の不安定なバランスを暴力へ向ける先鞭をつけたことだった。
agathe1.jpg

まず最初にジプシーたちは乱暴な侵略者たちに対して立ち上がり、当座しのぎの砦の外に下がって彼らを避けた。これがおそらく最善の方法だったが、彼女の背後で確実に軍隊が彼らの行く手に行くように見えた。彼女は知っていたのかまたはやむを得なかったのか、女王は神の寺院を明け渡したはずだった。しかしその時、外の群集が膨れ上がり彼女の怒ったジプシー兄弟と姉妹は後方に追い出されて打ち負かされた。

その時アガタは自分自身に怯えたがそれは少しの間だけのことで、彼女の怒りは形となって現れ戦いを続けた。彼女の口から出た言葉は彼女のものではなかった。彼女はウーロムという名前の古代の蜘蛛の神について話す祖母のような声で話した。隠し切れない彼女の怒りの発露は群集を後方へ押しやったが、再び敵対側は膨れ上がり彼女の前方に展開した。

アガタは心の中の力を高めるために再び目を閉じ、そして前方へよろめいた。彼女はもう怒っていなかった。彼女の怒りは愚かな煮えくり返るような憎しみの中へ消えていった。この憎しみは再び形となって現れ、身内の殺人者たちに剥き出しになった。憎悪を顕によく戦ったが、ほどなく打ち負かされた。

アガタは心の中の力が高まり心の深いところの何かが彼女を前へ推し進めるのを感じることができた。これはジプシーのやり方ではなく、他の何かのやり方だった。アガタは彼女と仲間の人々に向かってきたこの軍隊から十分に逃げることになるのはわかっていた。彼女は再び目を閉じて復讐だけを考えた。三度目を閉じて彼女の考えは具体化して、当座しのぎの砦の壁をいっぱいにした。

その後、アガタは彼女を取り巻く「英雄たち」と森へ脱出した。彼女は走りに走った。別の日で別のことなら違うのだろう。

The wrath of a gypsy

Agathe had always been taught that the stories her grandmother told were simple metaphor. Silly stories of tradition and senility. But when the temple of Uulom had been found it was a strange feeling that should couldn't shake from her guts.

For generations the cave entrance had been shut tight and forgotten. Only when the venerated spider Queens sent their mindless larvae to the surface was it uncovered, discovered, unlocked, then looted and desecrated.

Her anger was wrathful, she would show the Temple of Uulom the respect it deserved it seemed her birthright. This Josiah Havel seemed to think it a vault to be pillaged.

She knew of a camp west of Britain, one that held discontent with the crown. Maybe if confronted with a large enough crowd the Royal Archaeologist would relinquish the temple keys to her, allowing her to protect and respect it. Agathe's speech began to draw a crowd.


The crowd hung on her every word, however soon her words reached too deep into the world and soon others showed up with blood on their mind.

Surely these people, these 'heroes' would not strike out at an unarmed crowd peacefully assembled?

Alas all it took was a single misguided paladin to tip the uneasy balance toward violence.


First the gypsies rose up against the violent aggressors, driving them back out of the makeshift fort. It seemed to be going their way, maybe this was the best of outcomes, with an army at her back surely the Queen would be forced to give over a temple of a god she neither knew, nor cared about. But then the crowd outside swelled and her angry gypsy brothers and sisters were driven back and defeated.

It was then that Agathe scared herself, but only for a moment, with a thought her anger manifested itself into form and continued the fight. The words coming from her mouth were not her own, she sounded like her own grandmother, speaking of an ancient spider god named Uulom. Hideous her Manifestations of Anger pushed the crowd back, but again the opposing side swelled and ratcheted forward against her.

Agathe closed her eyes again, allowing the powers in her mind to grow and lurch forward. She was no longer angry, her anger had faded into a mindless seething hate. This hate again took form and brought itself to bare against the murderers of her kin. The Manifestations of Hate battled well, but too in time were defeated.

Agathe could feel the power inside her growing, something deep within her mind pushed her forward. This was not the gypsy way, this was something else. Agathe knew she much escape this army that had come against her and her people. Again she closed her eyes and thought only of revenge, for a third time her feelings took form and flooded the walls of the makeshift fort.

It was then Agathe made her escape, with the 'heroes' occupied Agathe took to the forest, she ran and ran, and kept running. Another day and things would be different.
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR