ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Baja] ブラックドラゴン

The Black Dragon
ブラックドラゴン

遥か遠い昔のことである。最もすばらしい翼のある生き物が空高く駆け上った。それらはあらゆる場所に生息していて恐れを知らなかった。一般的にはGlaurungという名前で呼ばれており、町や地方に住む人々は、炎を息吹く者(the fire breather)、Ancalagon the black、Apalala of the waters、そしてもっと数多くの偉大な名前で呼び、これらの偉大な野獣を恐れていた。しかし、人に智恵がついていき、時が経つにつれ、その偉大な生物の生き残りはどんどん少なくなっていった。その生物は老いてしまい、ブリタニアから遠く離れたが人間に狩られ、そして殺されて皮は剥がれ首は戦士の誇りを示すために壁に掛けられた。

2匹の偉大な生物が太古からの場所に隠れた。山の遥か上の部分のうまく隠された洞窟の中だ。その生物は年老いてよろよろだった。寿命が残り少なくなり、メスはたくさんの卵を産み何ヶ月も見守った。しかし、高齢だったために孵化の最後になって、卵は未熟さのために殻を破って出てきたもので生き残ったものはいなかった。そのメスドラゴンはさらに別の卵を産んだが、これが最後であることを知っていた。卵を置く場所を注意深く積み上げ仲間と巣を見守った。ドラゴンの卵は孵化するまで何ヶ月もかかる。孵化する時が近づいくと、メスドラゴンとその仲間はどんどん心細くなっていった。彼女たちが心の中で恐れていたのは、これが跡継ぎができる最後のチャンスだろうということだった。ある暗い夜、その年老いたメスドラゴンは彼女の下の卵が動くのを感じた。彼女は仲間を呼び、巣から這い出た。
2匹の年老いたドラゴンが見守る中、その小さな未熟児は皮で覆われたような卵の殻を破って出ようとあがいた。彼女たちは卵の殻を開けようと小さな爪で引き裂こうとしている音を聞いた。何時間も見守り続け、その未熟児の動きがスローになったため不安が高まった。彼女たちは、他の卵と同じようにこの未熟児も死ぬことを運命づけられているのではないかという最悪の事態に恐怖した。苦し紛れに、年老いた母親ドラゴンは巨大な爪のついた足を伸ばし、その生命を慈しみながら爪でとても優しく触れその卵に小さな裂け目を入れた。

未熟児が生き残るためには自らの力で卵からでなければならないということはわかっていたので、彼女は自分のしたことが正しいことではないとわかっていた。年老いたオスドラゴンは彼女が卵を壊していたと思って彼女に怒りを向けた。彼女は悲しみに満ちた目で彼のほうへ振り返り、頭をゆっくりと下に向けた。彼は彼女が卵を傷つけようとしたのではなく未熟児の手助けをしようとしていたことを悟った。そして深い悲しみの中、頭を彼女のそばに置いた。彼らが見守る中、卵がゆっくりと動き始めた。最初、小さな足が裂け目から伸び出てきた。そして最後に卵は2つに割れた。そこには小さなブラックドラゴンが立っていた。2匹の年老いたドラゴンがすぐTiamaと命名したその未熟児が立ち上がって彼らの方へ向かってくるのを彼らは喜びをもって見ていた。子供は母親に鼻をすりつけ...栄養を取りそれから睡眠をとるために目を閉じた。
その小さなドラゴンは成長しても黒い色のままだった。以前一度だけブラックドラゴンの話を聞いたことがある。この色で生まれたドラゴンは特別な力を持つだろう。
年老いたドラゴンは生命の危険を感じて隠れた洞窟の近くにずっといた。もし、彼女が飛翔しているのを勇敢な騎士に目撃されたら、彼らが彼女の皮を剥ぎ首を取るために殺すのは明らかだったからだ。
Tiamatは外に出て自分の能力を試したがっていた。山の洞窟は大きいものだったが、そこで飛翔するのは限界があった。彼女は洞窟の入口から出て外界を覗き見て、その大地に心を奪われた。彼女の鋭い視界には町や村の人々が仕事で動き回る光景が映った。
年老いたドラゴンたちは食料を集めるために、見つからないことを祈りながらいつも数ヶ月は空を飛んで出かける。しかし、ある運命的な日、年老いたドラゴンたちは見つかってしまった。警告の叫びが町であがり、勇敢な戦士たちが隠された洞窟を見つけるために集まった。
年老いたドラゴンたちはTiamatを洞窟の奥の隠された部屋の中に押し込み、子供を護る用意をして立っていた。
Tiamatは山に人々がやってきているのが聞こえた。すぐに激しい戦闘が始まった。人々が大声で叫ぶ声、彼女の両親の激しい炎のブレス。それが繰り返されるたびの痛みと憤怒による激しい怒号。年老いたドラゴンたちの巨大な鉤爪で引き裂かれた人間たちの金切り声。彼らの炎のブレスで墨にされた人間たちの肌からの煙のつんとした臭い。その激しい戦いは永遠に続くように思えたが、Tiamatが隠された部屋の中で恐怖に身震いしている時、両親の音がどんどん弱まっていくのがわかった。炎のブレスを吐くには若すぎるし爪は完全に鋭くはなっていなかったので、彼女にできることは戦いの音を聞くことだけだった。彼女には魔法の能力があったがまだそのことを知らなかった。彼女にできたのは部屋の壁の後ろから突然静かになった音を聞くことだけだった。そして、両親が剣と魔法によって死んで横たわった時、偉大な戦士たちの勝利の声が聞こえた。戦士たちが他にドラゴンがいないか、または年老いたドラゴンたちが生涯をとおして集めた宝がないか、その巨大な洞窟中を捜索する音がTiamatに聞こえた。
「我々はよくやった」彼女はその集団のリーダーが話すのが聞こえた。「我々はこれらの首と皮を今から村へ持ち帰ろう。宝は私が話したように帰る途中だろう。」
「負傷者を村のヒーラーの所へ連れ帰ろう。今夜、偉大な勝利の祝賀会を開こう!」「さあ、行くぞ!」
小さなドラゴンは残された。彼女は外に出るのが怖くて、自分の家に残されている物を見るのが怖くて、人間たちが戻ってくるのが怖くて、何ヶ月もの間その部屋の中に閉じこもっていた。最終的に孤独への絶望から彼女は部屋から出た。彼女は本当に孤独になったと知りぞっとした。彼女は両親が未知の土地にドラゴンの別の種族がいると話すのを聞いたことがあった。きっとそれを見つけることができるだろう。悲嘆にくれながら歩き回り、それから彼女は他の種族を探すために見られる危険を冒しても飛んで行こうと決心した。彼女はこの場所を去らなければならなかった。洞窟から静かに這い出た時、彼女の心は重かった。翼を広げ...ためらいがちに飛翔し...他の土地へ向かった...ドラゴンの別の種族と新しい住処を探しながら・・・




【以下、原文】


The Black Dragon

There was a time many many moons ago, when the greatest of winged creatures soared through the skies. They inhabited all of the realms and knew no fear. It was common to hear the names of Glaurung,the fire breather, Ancalagon the black, Apalala of the waters and many more of greatness spoken of by the people who lived in the towns and countrysides and feared these great beast. But as man grew wiser and time progressed fewer and fewer of the great ones survived. The ones that did grew old..and far between them the lands did spread as either they were hunted by man and slain for their hides and heads to be hung on proud warriors walls.

Two great creatures hid in the lands above a ancient realm..far up top the mountain in a cave well hidden. They were old and weathered. Mated for their lifespan, the female had given many a egg, watched over for many moons, but in the end at the hatching, because of their advanced age, the fledgling had been weak and not survived when it had came from the shell. The Female dragon laid yet another egg, knowing that this would be her last. Carefully she mound up the where the egg lay and she and her mate watched over the nest. Dragon eggs take many moons to hatch and as the time grew near for the hatching she and her mate grew more forlorn. Fearing in their hearts this would be the last chance for a heir to come from them. On a dark eve, the old Female dragon felt the egg stir beneath her. Calling her mate, she crept off the nest.
Both aged dragons watched as the tiny fledgling struggled to break forth from the leathery covering of the egg. They could hear the tiny claws trying to rip a opening through the egg case. For many hours they watched growing more desolate as the fledgling's movements slowed. They feared the worst, that as with the others this fledgling was destined to die as well. In desperation, the old mother dragon reached out with her massive horned foot and with the gentlest of touches, fearing for the it's life, took her nail and ripped a tiny gap in the egg.

Knowing that to survive the fledgling must make it out of the egg on their own, she knew what she had done was not right. The old male turned in wrath upon her, thinking she was destroying the egg. She turned her anguished eyes to him and lay her head down in sorrow. He realized she was trying to help the fledgling instead of harm it and lay down his head by hers in grief. Slow movements started from the egg as they watched. First a tiny foot came thru the gap rendered. Then with a final rendering the egg fell into two pieces. There stood a tiny Black dragon. Weak and heaving from trying to escape the egg. The two old Dragons looked on with joy as the fledgling they soon named Tiamat, stood and came towards them. Nuzzling up to her mother..she took nourishment, then closed her eyes to sleep.
As the little dragon grew, she retained the black color. Only once before had the old ones heard of a Black Dragon. For one born of this color would hold special powers.
The old dragons kept her close in the hidden cave, fearing for her life. For if a brave knight saw her in flight, they were certain she would be killed for her hide and head.
Tiamat longed to go outside and test her skills. The mountain cave was massive yet, her flying skills were limited there. She would peek out through the entrance and be enthralled with the lands she saw. Her keen eyesight watched the townspeople and villagers as they went about their works and lands.
The old dragons would go out every few moons on a flight to gather food. Hoping they would not be seen. But alas, one fateful day, the old ones were spotted. A cry of alarm went up in the towns and brave warriors gathered to go find the hidden cave.
The old ones pushed Tiamat to the back of the cave, into one of the hidden chambers,and stood ready to guard their child.
Tiamat could hear the people coming up the mountain. Soon a great battle ensued. Sounds of the people yelling, her parents great fire breath. The great roars of pain and rage as they were repeatedly slashed. The sounds of the men screaming as the great horned claws of the old ones ripped at them. The acrid smell of the smoke from their fire breath charring the men's skins. The battle raged it seemed forever, the sounds of her parents growing weaker and weaker as she shivered in fright hidden in the chamber. Too young to breathe the fire breath and her claws not fully sharp all she could do was listen to the sounds of the battle. The magical skills she possessed but not yet knew she had. All she could do was listen to the sudden sound of silence from behind the walls of the chamber. Then sounds of victory from the great warriors as her parents lay dying by their swords and magic. She heard the warriors searching through the great cave, looking for any other dragons, or the treasures her parents had collected through their lifespan.
"We have done well", she heard the leader of the group say "We'll be taking these heads and hides back to the village now. The treasures are on their way as I speak."
"Lets get these wounded back down to the village and to the healers. A great victory celebration we shall have tonight!" "Move out!"
With that the little dragon was left. For moons she stayed inside the chamber, afraid to come out, afraid to see what was left of her once home, afraid of the men coming back. Finally the despair of loneliness drove her out of the chamber. Creeping out she saw that she was truly alone. She had heard her parents speak of others of her kind in unknown lands. Surely they could be found. Looking around her with sadness,she decided then to take flight and risk being seen to go in search of the others. For she must leave this place. Her heart was heavy as she silently crept out of the cave. Spreading her wings..she took tentative flight..headed to other lands..seeking others of her kind, and a new place to dwell…
関連記事
懐かしく、そして
Baja は、僕が初めて Britania の地に降りたったときの世界。
英語圏の人ばかりの、まるで外国(異世界だから当然か)のような
環境の中で、街の中で偶然に日本人と出会えたときは
「運命の出会いか !?」と思ったりしました。
バックパックにしまってあった、自分にとっては珍しい
けれど、その実 何でもないただの「ネックレス」を相手に渡した…
出会えた記念に と。

もう十数年前、UO が初めて日本で発売された直後の頃のこと。
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ドラゴンのストーリーの方は、
主人公=主観 が人間=通常はプレイヤー側 ではなくて
ドラゴンの子供というところがイイですね。

自分の家の犬(娘)と被ってしまい、可愛そうで…
単なるオハナシなのに、ネ。
うちの娘も捨て子でしたから、なおさらかも。

UO に出てくる Mob にも、背景に色んなストーリーがあるって
考えてみると、また違った趣になるかもしれませんネ。

尤も、ゲーム内で Spawn の瞬間を見てしまうと、
「単なるプログラムだよなー」としか思えないのが現実ですけど。
[ 2010/11/11 10:44 ] [ 編集 ]
>Middle Ageさん

このブラックドラゴンの話は最後が「・・・」になっているところがまた切なさを募らせますよね。

おっしゃるようにこういうバックストーリーがあったりするといいですね。

そういう意味で私はUOのNPC本が好きで、それが高じて日本シャードにNPC本図書館を作って原文の本と自分が書いた翻訳本を陳列しています。

ネズミのシェリーにしても私の場合はNPC本のシェリーの著書を読んで、初めて彼女のUOにおける重要な位置とか知りましたし、ハルドゥーンにしてもNPC本のハルドゥーン探検隊の冒険日誌を読むと、ハルドゥーンにいったときに該当したNPCがいて趣きが変わりますね。
[ 2010/11/11 14:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。