ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もうこの件を書くのは最後にしたい

2010y11m13d_130155536.jpg

EMイベントにはいくつかのタイプがある。

イベントモンスとの戦闘イベント
面白さを出すために「邪悪な生物が現れて人々に危険が及ぶかもしれない!討伐しにいこう!」、「行きたい場所がありますが道中にモンスがいて私1人では行けそうにありません。護衛してくれませんか?」などバックストーリーが考えられていたりするが、結局はイベントモンスと戦闘するだけのイベント。

このタイプはひたすら好きなだけモンスと戦闘すればいい


スキルイベント
EMイベントはUOのすべてのプレイヤーに楽しんでもらおうというものである。しかし、UOのプレイヤーの中には生産メインだったり沸きレアハントがメインだったりして、まともに戦闘できるキャラのいない人もいる。

そういう人は上の「イベントモンスとの戦闘イベント」に参加するのは厳しかったりする。
そこでそういう人も参加できるように、またそのスキルを上げる苦労をした人に報いるためにスキルイベントがある。私は報酬は該当スキルを上げた人へのご褒美みたいなものだと思う。

そういうイベントに該当スキルもないのに(別の言い方をするとそのスキルをあげる苦労もしていないのに)該当スキルがあるかどうかのチェックがないのをいいことに、参加してあわよくば報酬をゲット(私に言わせると「横取り」)しようとするのはさもしい行為であり人間性としてどうかと私は思っている。それが生産スキルイベントであれば生産キャラメインの人で参加した人がかわいそうだと思う。


ルールが定められているイベント
イベントの中にはルールが定められているものもある。あくまでルールであって参加資格が定められていてそれをクリアできないキャラは参加できないというものではない。スキル系イベントだけは資格がないと参加できない(すべきではない)と思うが・・・

Lake Austinの「「A Changing of the Guard」シリーズは事前の参加申請が必要だ。しかし、EMに参加申請のメールを出せば誰でも参加できるわけで、資格というよりこれもルールという感じだと思う。

トランプ、将棋、碁、サッカーその他、ゲームというものは通常ルールが定められている。
ルールのあるゲームはそのルールを守らないと成立しない

Lake Austinの上記イベントの場合は2つ陣営の好きなほうを選びイベントモンスを倒し、棺おけに入っているイベントアイテム(時間制限つき)を、最後にEMの演じるイベントキャラに提出してどっちの陣営がたくさん獲得したかを競うような感じだった。

どちらの陣営でやるか申請していない人がイベントモンスを倒すのはゲームしている人の邪魔だし、ゲームを成立させなくなりかねない。これがわからない人がいるようなので簡単な例をあげる。

例えば9匹の獲物がいて2つのチームに分かれてどっちのチームが多く倒すか競うとする。戦いは接戦で互いに4匹ずつ倒して最後の1匹を倒したチームが勝利!という状況になっているとする。その時にどっちのチームにも所属申請していない人がその1匹を倒したらどうなるのか?その場合はゲームが成り立たないということがわからないのだろうか?参加キャラ名と参加陣営名を書くだけの参加申請メールを出すだけのことがそんなに大変ですか?

Pacificの「王宮捜査官イベント」の場合。
このイベントシリーズは捜査指揮官の指示に従って聞き込みなど捜査をしていき、毎回、捜査報告書を提出するという「捜査官ごっこ」をするものだ。毎回、報告書の提出が義務付けられているが書こうと思えば誰でも書けるわけで、これは「参加条件」ではなく「参加ルール」である。
リアルの刑事が事件の捜査をしたら捜査報告書を書くと思うが、このイベントはまさにそういう「捜査官ごっこ」をしているわけなのである。

会社などで報告書を書いている人はわかると思うが、報告書を書くのは結構時間がかかったりする。このシリーズではその苦労も含めて捜査官になりきって捜査官ごっこをしてその過程でイベントモンスを倒し報酬アイテムを入手できるチャンスがあるというものである。

Pacificのこのシリーズでは先日、報告書を出してもいないのに(出す気もないのに)報酬アイテム狙いでイベントに来た人にかき乱された。
捜査をロールプレイしている人たちが聞き込みをしている間に、報告書を出す気のないアイテム狙いの人が聞き込みすべき相手のところをすっ飛ばして、(EMがそこは間違った場所だからこっちにきてください!とイベントチャットチャンネルで正しい場所を何回か呼びかけたがそれも無視して)ストーリー的には後での戦いになるはずだったイベントモンスを先に殲滅してしまった。

EMが苦労して考えたストーリーはぐちゃぐちゃになるし、捜査官ごっこをしている人たちが入手できるかもしれなかった報酬アイテムも「横取りされた」結果になってしまったわけだ。

ここまで書いても「ルールのあるイベントはルールを守りましょう!」ということが理解できない人がいるとは思えないが、もしそういう人がいたら次のケースをどう思うのか聞きたい。

「徒歩で競争して1着でゴールした人に賞品があります!」というイベントで「私はアイテムが欲しいし、私さえ楽しければルールは関係ない!」といって騎乗して1着になったとしてそれがまともだと思うのか?

こういうレース形式ならルール違反は一目瞭然だが、通常のイベントでは見つからない(ばれない)のをいいことにルール違反を平気でやる人がいるのは困ったものだと思うのは私だけなんだろうか・・・

今日はサッカー(ロールプレイイベント)をやります!サッカーに興味のある人は来てください!キーパーは我々(イベントモンス)がやるのでみなさんはゴール(報酬)を狙ってください!サッカーだからルールとして「ボールを手で持って走ったらだめですよ!」

といっている時に、ルール無視の人とかルールを参加資格と勘違いしている人は、「サッカーは興味ないし!」、「足で蹴っていくのは面倒だから!」などと言って、審判が見ていなかったからといって「ボールを手で持って走る」ようなものだ

すべてのイベントがこういうルールがあるわけではないから、サッカーに興味がない(またはできない)からといって反則をするのではなく別のイベントに参加すればいいだけだ。
関連記事
[ 2010/11/16 07:01 ] [UO]その他 | TB(0) | CM(2)
個人的な好き嫌いなら「ルールやマナーを守らない人間やアイテムに固執する奴は嫌い」
個人的な善悪の判断は「ルールがある以上守らないほうが悪い」

が、スポーツですら「ばれないようにルール違反するのもテクニックの内」という考えも存在する。
また、将棋やサッカーに「対戦相手を殺したり相手の家族を誘拐して脅迫してはならない」というルールはあるだろうか?
それらはルール以前の問題だ。
殺人や脅迫が犯罪である、という一般世界では常識で判断できる。

ではUO内ではどうなのか?特定人物に粘着して行わない限り、横殴りも獲物の横取りも罰せられない世界では?
差別発言など規約違反で罰せられる行為がある、逆を言えば罰せられない行為をした人間が非難の対象になるのか?
推奨されない行為を非難したとしても罰せられないのなら、悪意なり相応の意思を持って行う人間を止める術はあるのだろうか?

時間で湧くmobでなくプレイヤーが関与しないとスポーンしないボスやミニボスですら、ボスのみを第三者が横から攻撃して同等にルート権やレアアイテムを得られる。
「イベントにはルールがあるから守れ、他はマナーだから各自の好きにしろ」と言うことは可能だが、強制力のないルールを守るかどうかは各自の意思に任せるしかない。
湧きを進めるのも自由、ボスのみを倒すのも自由、レアなどの出現率が同じならボスのみ参戦のほうが装備も痛まないし楽でもある。
楽してズルしていただきかしらー、がまかり通る世界でイベントだけが特別扱いしてもらえるだろうか?
普段から楽をしても結果が変わらない、その状況に慣れた人間が面倒だと思ったことを我慢するだろうか?

現状では「アイテムなどは出さない」「強制力のあるルールでがんじがらめにする」もしくはあきらめるしか方法がないように思える。
[ 2010/11/16 14:43 ] [ 編集 ]
はじめまして
いつも拝見させてもらってます。
近頃は半分が日本人では!?という状況もたまにあるくらい
EMイベントには日本人が参加していますね。
私も初めはアイテム欲しさに参加をしていたのですが
参加しているうちに、アイテムを狙うだけではなく
イベント自体を楽しむようになりました。
(英語力は中学レベルですが(汗))
残念なことですが、ルールなど関係なしでアイテムだけに
執着することが自分のプレイスタイルとしている
モラルのない方もいます。
それはそれができてしまう以上、残念ですけどどうしようもないことです。
こちらのイベント情報をみて参加する方だけでも、モラルをもって参加する人が増えるといいですね
これからも頑張ってください^^
[ 2010/11/16 20:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。