ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Catskills] Nightfall 「日暮れ」

Nightfall
日暮れ

フードを被った格好の者が山の頂に座って港の向こう側をじっと見つめた。太陽が地平線にゆっくりと沈む中、釣り船が浜辺へ帰還の途へついた。太陽は大地から姿を消し夜がその存在を主張するのを許容した。その山の北側にあるコーブの村では狂ったような行動が相次いだ。住民たちは自分らの家かその田舎の酒場へ引き揚げる前に数日の作業を終えようと大慌てだったのか?南へ行くと、山の陰にオーク砦がある。天然のバリアがオークたちが村を容易に襲うことを防いでいたが、小競り合いはまだ起きていた。そして、最近、オーク戦闘船が目撃されたことから、港で衝突が起きるのは時間の問題にすぎなかった。心地よい暖かさの痕跡の中、山の上にいる者は風だけが生み出せる不気味な悲鳴のような恐ろしいそよ風に気づいた。彼はその寒さに包み込まれる覚悟を決めその寒さに震えた。

彼は考えを失っていて、似たような格好の者の到着に気づかなかった。

「こんばんは、Barnaby、私はあなたにばったり出会うことを期待していました。」新たに到着した者はそう言った。

「こんばんは、Kasaven」Barnabyは仲間の突然の出現に平然としながら答えた。
「あなたは"私とばったり出会うこと"を期待していた?山の頂上で?」

「そうですね、私はあなたを探していたようです。」Kasavenはニヤリと笑った。
「しかし、そんなに長いことじゃなかったですよ。」

「そうですか」Barnabyは少しくすくす笑いながら答えた。
「何か新たなことがわかりましたか?」

「あなたの友達について?いいえ、いつもの情報提供者に相談しましたが何の情報も届いていません。」Kasavenは答えた。「最近、彼が数回目撃されているようです。彼は漁師や私略船を悩ませ始めています。」
(注:私略船=戦時に敵船捕獲の免許を得た民有武装船)

フードの下でBarnabyは目をゆっくりと細めた。「彼が誰かに危害を与えたのですか?」

「誰にも」Kasavenは答えた。「彼は空想しているように思えます。詐欺師の類かもしれないし、それが"彼"なのかはわかりません。」

「彼のゲームに付き合ってあげましょう。」Barnabyは頷きながら答えた。

「いまから、こういうふうに考えてください。」Kasavenは付け加えた。「少なくとも彼は完全にあなたを選び抜いているわけではありません。」

「ありがとう。私は思うんですが・・・」Barnabyは首を振りながら続けた。「それはあなたを苦しめませんか?私たちは彼を全く止めることはできない?私が言いたいのは、Ix Tabが私を巻き込むことができたのはわかります。しかし、この生き物が私たちをどうやって負かすことができたのかわかりません。私は面白いジョークは歓迎しますが、これに関しては落ちが見えていません。」

「それは私を苦しめます。」Kasavenは答えた。「しかし、いまはIx Tabへの対応がもっと心配です。」

「彼らを疑っているのですか?」Barnabyは尋ねた。

「私は彼らの勇気や能力を疑ってはいません。」Kasavenは話を続けた。「私はその脅威に適切な警告を与えることを願っているだけだと思いますか?いま現在、Ix Tabは強大です。非常に強大です。王国に関する他のこともありますが、この件が引き起こす結果の重大さに勝るものはありません。」

しばらくの間、二人は近い将来の不確かなことを熟考して何もしゃべらなかった。太陽は今や地平線の下に完全に落ちた。そして、空にフェルッカの月が見えた。Kasavenは心の中に横たわる何かを熟考するためにBarnabyひとりを残して言葉も無く出発した。風が再び沸き起こり、冷たい空気は山とそこに立っている独りに吹きつけた。自分を貫いた冷たい空気を感じてBarnabyは再び身震いした。夜が支配して、その冷たい影は次の戦いの前兆のようだった。



【以下、原文】

Nightfall

Sitting high atop a mountain, a hooded figure sat and gazed out across the harbor. Fishing vessels made their way back to the shore as the sun slowely dipped below the horizon, giving up its hold on the land and allowing Night to stake its claim. On the north side of the mountain the village of Cove there was a burst of frantic activity, as its inhabitants scurried to finish the days work before retiring to their homes ? or to the local tavern. To the south, an orc fort sat in the shadows of the mountain. The natural barrier prevented the orcs from easily overtaking the village, but skirmishes still occurred ? and with the recent sightings of orc war vessels, it would only be a matter of time before conflict erupted over the harbor. The last vestiges of comforting warmth retreating beyond, the figure upon the mountain took note of a chilling breeze behind him that had announced itself with the type of eerie shriek that only wind can produce. He decided to embrace the cold, and shuddered accordingly.

Lost in his thoughts, the figure did not notice the arrival of similarly garbed individual.

"Good evening, Barnaby," the new arrival said, "I was hoping to bump into you."

"Hello, Kasaven," Barnaby replied, unfazed by the sudden appearance of company. "You were hoping to ‘bump into me’? On top of a mountain?"

"Well, I may have been searching for you," Kasaven grinned, "But not for too long."

"Right." Barnaby replied, following a short chuckle. "Have you learned anything new?"

"About your friend? No. I’ve consulted my usual sources of information, and have come up with nothing," Kasaven answered. "I’ve heard he has been sighted a few times recently, though, and has apparently taken to harassing fisherman and privateers."

Underneath his hood, Barnaby’s eyes slowly narrowed. "Has he harmed anyone?"

"None," Kasaven replied, "He seems to fancy himself, or itself ? we don’t know if it is a ‘he’, as some sort of trickster."

"Content to play his games." Barnaby nodded.

"For now," Kasaven added, "Look at it this way ? at least he isn’t completely singling you out."

"Thanks, I think." Barnaby shook his head. "Doesn’t it bother you? That we couldn’t just…stop him? I mean, I understand how Ix Tab was able to contain me, but I don’t understand how this creature was able to get the better of us. I can appreciate a good joke, but I’m not seeing the punchline for this one."

"It does bother me," responded Kasaven, "But at the moment, I’m more worried about the response to Ix Tab."

"Are you doubting them?" Barnaby asked.

"I’m not doubting their courage, or their ability." Kasaven continued, "I only hope they give the threat proper attention ? Ix Tab is powerful right now. Very powerful. There are other concerns of the land, but none carry the weight of consequence that this one does."

For some time, neither said anything as both were contemplating the uncertainty of the near future. The sun had now dropped below the horizon completely, and Felucca was visible in the sky. Wordlessly, Kasaven departed, leaving Barnaby alone to ponder what lay before his mind. The wind had picked up again, as cold air buffeted the mountain and the lone being who stood upon it. Again Barnaby shivered as he allowed himself to feel the piercingly cold air. Night had taken control, its cold shadow portending the coming struggle.
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。