ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Legend] Through My Father's Eyes「父親の目を通して」

Through My Father's Eyes
父親の目を通して
場所:ソーサリアンアンティック博物館、ニュジェルム
(Museum of Sosarian Antiquities, Nujelm)

*蝋燭の灯りがゆっくりと薄暗くなりそして完全に消えた*
怒ったJohan Higglebottom博士は召使いに大声で叫んだ。「パブロ(Pablo)!別の蝋燭を持って来い。私が自分の運命を実現させるつもりなら、私は見ることができなければならんのだ。」パブロはお盆にたくさんの蝋燭を乗せて駆け込んできて、博士の机の周りに置いた。
何日もこんな調子だった。Higglebottom博士は最近発見された古代の地図から手がかり、つまり古代の印を理解する手助けとなる何かを見つけようと研究するために机に座った。彼が歴史を学んできたこれまでの年数の中で、このような原始的な言語は見たことがなかった。その地図につながる伝説は見つからないようだった。彼が1つの記号でも何でも理解できたら全てが明らかになるだろう。
彼の胃が唸ってねじれた。「食事と休息が必要だ。」Higglebottom博士は独り言を言った。「パブロ、何か食べ物を持って来い。それかお前のいれたお茶をもうちょっと持って来い。そのお茶はなんて言ったかな?」パブロは地平線に日が昇る状態を身振りで示した。「あぁ、そうだ。サンシャインティだ。私はそれなしで何をするつもりだ?そのお茶は私に生きていることを実感させそして力を満たしてくれる!」Higglebottom博士はそう言い切った。パブロは主人の要望に答えるため慌てて走った。
「あの嵐で荒れた日にパブロがやって来てどれくらい経つだろう?」Higglebottom博士はひとりそう思った。Higglebottom博士のイルシェナーへの遠征の始めの頃、ボロをまとったパブロがやってきて働かせてくれるよう頼んだ。そして、彼はその晩、食べ物にありつけた。パブロはしゃべれないのは問題だったがいい召使いだったので、Higglebottom博士は彼を雇いそれ以来ずっといっしょにいた。
博士は椅子に背中をもたれさせて亡き父親であるVictor Higglebottomの肖像画を見上げた。「お父さん、私は何を見逃していますか?私がやっていないことは何でしょうか?」Higglebottom博士は自分自身に呟いた。その時、彼はひらめいた。肖像画の中の彼の父親は片眼鏡をかけていた。彼は子供の頃、父親にその片眼鏡について尋ねて、父親が笑ってから次のように答えたのを思い出した。「これは他のものでは見えない物を見るための助けとなるんだよ。」

「本当に?そんなことが可能なのか?」Higglebottom博士は大声で叫んだ。「パブロ!!資産簿はどこだ?父の所有物を運んだ時、その中にあった。」博士はパブロに尋ねた。

パブロは主人が急ぎであることを察して棚まで急いで行って帳簿を持ってきた。Higglebottom博士は狂ったようにその帳簿を隅々まで調べた。「これだ!片眼鏡は父の財産を運び出した時の最後の分の中にあった。」Higglebottom博士は叫んだ。
「しかし、これは何だ?なんだと!そんなことはありえない!この最後の運搬はどうやら海賊に襲われて荷物を奪われたようだ!海賊たちはその時の荷物を全て持ち去ってしまった!」Higglebottom博士は机に崩れ落ちて両手で頭をかかえた。「どうやってあの片眼鏡を取り戻せばいいんだろう?海賊と戦ったことはほとんどない上にボートの漕ぎ方すら知らないのに。」
その時、パブロがオフィスへ階段を駆け上ってきて、下の階の博物館のメインロビーに来客があることをジェスチャーでHigglebottom博士に伝えた。「なんだと?帰らせてくれ!パブロ、私は訪問者の相手をする時間はないんだ!彼らが海賊を追跡する方法を知っているなら話は別だがな。」Higglebottom博士は叫んだ。ちょうどその時、Higglebottom博士はひょうきんな声で次のように言うのが聞こえた。「キャプテン ヘンリー・モーガン(Capt. Henry Morgan)、あなたのお手伝いです。閣下。」そして、Higglebottom博士の顔に笑顔を向けた。


【以下、原文】

Through My Father’s Eyes
Location: Museum of Sosarian Antiquities, Nujelm

*Slowly the candle wick went dim and then completely out . Aggravated Dr. Johan Higglebottom shouted to his servant, “Pablo!! Bring another candle, I must be able to see by if I am to fulfill my destiny.” Pablo rushed in with a tray laden with more candles and set them around the Dr.’s desk. It had been like this for days on end. Dr. Higglebottom sat at his desk studying the recently found Map of the Ancients trying to find a clue, a lead, anything to help him understand the ancient markings. In all his years of studying history he had never seen such a primeval language. It was as though the legend to the map was missing. It would all be clear if he could just make sense of one sign, something, anything. His stomach growled and twisted. “I need food and rest” Dr. Higglebottom said to himself. “Pablo, bring something to eat. Also bring me some more of that tea you make. What do you call it?” Pablo made gestures with his hands of a sun rising over the horizon. “Ah, yes. The sunshine tea. What would I do with out it? It makes me feel alive and full of energy!” Dr. Higglebottom proclaimed. Pablo scurried off to do his masters bidding. “How long has it been since I came across Pablo on that storm filled day?” Dr Higglebottom thought to himself. Dressed in rags Pablo had approached Dr. Higglebottom at the beginning of one his expeditions to Islhlenar asking for work so that he could have something to eat that night. Not being able to speak was a hurdle but Pablo was a good servant so Dr. Higglebottom kept him and they had been together ever since. Leaning back in his chair he looked up at the portrait of his late father, Victor Higglebottom. “What I am missing father? What did you see that I do not?” Dr Higglebottom muttered to himself. Then it struck him. In the portrait his father was wearing a monocle. He remembered as a child he had asked his father about the monocle and his father laughed and then replied “It helps me to see things that others cannot.”
“Maybe, could it be possible?” Dr. Higglebottom said aloud. “Pablo!! Where are the inventory logs, the ones from when we shipped my fathers belongings?” he asked Pablo.
Pablo hurried over to the shelf sensing his masters urgency and brought him a ledger. Frantically Dr. Higglebottom searched through the logs. “Here! The monocle was on the last shipment from my father’s estate.” Dr. Higglebottom exclaimed.” But what is this? No! It cannot be! This last shipment was apparently attacked and looted by pirates! They made away with everything in the hold!” Collapsing on the desk, Dr. Higglebottom held his head in his hands. “How will we get that monocle back? I do not even know how to sail a boat much less fight pirates.” At that moment Pablo ran up the stairs into the office making the gesture that told Dr. Higglebottom that a visitor was downstairs in the museum’s main lobby.” What? Send them away! I have no time for visitors Pablo!
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。