ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Lake Austin] Arrival「到来」

Arrival
到来

ルナの都市のイメージが具体化し始めた時、灰色の霧が渦巻いた。

世界は激しい上下動の後、凝固した。彼はその都市の中心を形成している巨大な砂岩建築物の階段の上に自分がいるのに気づいた。彼の感覚はよろめいた。リコールの呪文(魔法の渦巻きが優しく取り巻き、体を持ち上げて目的地まで運んでくれる)は難しかった。これは唐突でひどいことだった。そこには言葉はなく、秘薬もなく、ただ天空を通って彼を推し進めようという彼の意思だけがあった。

人々は彼の存在には気づかず自分たちの仕事を続けていた。馬を引き連れた騎士がまるで彼が存在しないかのように彼の体を通り抜けた。

彼は取り囲んでいる建物を調査するために振り返ってフード越しに見わたした。人々の活動でごった返しているのが見えた。厩舎からはドラゴンが吼えていた。銀行から引き出したコインがチリンと鳴る音。商人たちが取引を叫びながら通りを行商して歩いていた。都市の壁の内側の立地に確かな利益を見越して、市民たちは都市の内側と外側の防壁の間を、利用できる空間があればすべて自分たちの家と店ですし詰め状態にした。

彼はいくつかの世界へ行ったことがあったが、それらはすべて最も基本的な部分は同じでそれぞれ他の部分は異なっていた。「これは私の物なのか?」彼は囁いた。

「それは、」ある声が応えた。「何を見たのか言ってください。」

彼は頷いてから目を閉じた。記憶が彼の心の中を閃光のようによぎり始めた。恐ろしいデーモン、バーチュベイン。昔のマジンシアの荒廃から再建される新たなマジンシアの都市。復讐に夢中になっている錬金術師。冒険と栄光を捜し求めている略奪船。これらの人々は悲劇、悲しみ、そして怒り?は知っているが、栄光、勝利、そして徳も同様にあることを知らないだろう。彼は目を開いた。

繰り返し声が聞こえた。「あなたは時を先取りしてそれらを見るでしょう。準備はできていますか?」

「できています。」

声が遠ざかり始めた時、その声が喜ぶように響いた。「私たちは見るでしょう。」



【以下、原文】


Arrival

The grey mist swirled as an image of the city of Luna began to materialize.

The world solidified in a sudden jolt. He found himself on the steps of the great sandstone structure that formed the city’s hub. His senses reeled. A recall spell was different; eddies of magic would surround you, caressing you as they lifted and carried you to your destination. This was sudden, violent. There were no words, no reagents, only his will that propelled him through the ether.

Unaware of his presence, the people around him continued on with their business. A knight, his horse in tow, passed through his body as if he didn’t exist.

He turned his head; looking past the folds of his hood he surveyed the surrounding buildings. A riot of activity unfolded before his eyes; dragons roared from the stables, the sound of coins clinking drifed from the mint, merchants peddled their wares while they screamed their deals into the streets. Seeing the obvious benefits of building inside the city walls, the citizenry had crammed their homes and businesses between the inner and outer fortifications, filling in every inch of available space.

He had been to several worlds, all of them the same in the most fundamental of ways and different in every other. “Is this one mine?” he whispered.

“It is,” a voice responded. “Tell me what you see.”

He nodded and closed his eyes. Images began to flash through his mind: a terrible demon, Virtuebane; the city of New Magincia, rebuilt from the ashes of old Magincia; an alchemist hell-bent on revenge; a privateer seeking adventure and glory. These people would know tragedy, sorrow, anger ? but glory, triumph and Virtue would be theirs as well. His eyes opened.

The voice returned. “You will see them through the times ahead. Are you prepared?”

“I am.”

As the voice began to fade, it sounded amused, “we shall see.”
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。