ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Baja] The SoulTaker「ソウルテイカー、魂を奪う者」

第1話 The Black Dragon「ブラックドラゴン
第2話 Tiamat「ブラックドラゴンTiamat
第3話 Death's Rage「死に対する激怒
第4話 Murdock meets Tiamat「マードック、Tiamatと会う


ソウルテイカー「魂を奪う者」のイベントは下記のとおり
シャード:Baja
日時:2011/1/12(水)13:00(日本時間)
場所:西ブリテン銀行

The SoulTaker
ソウルテイカー「魂を奪う者」

Tiamatはまともに眠れなかった。彼女の心は不自然な現象の夢に侵されていた。それは眠るというよりもほとんど瞑想状態に陥ったような感じだった。彼女の心の中に邪悪な者であるマードック(Murdock)の光景が流れた。彼女ははっきりと彼を見ることができて彼の言葉を聞けた。まるでその場にいるように彼と部屋の中に立っていた。彼女が心の目で見たとき、彼は・・・

・・・水晶球を凝視しながら立っていて、彼の軍隊の第一陣が打ち負かされたのを見ていた。彼が軍隊を送り込んだ各神殿も人々とドラゴンによって守られ救われていた。
「いまは彼らの強さと彼らが何ができるかはわかっている。私は計画を続行可能だ」彼は水晶球を取り囲んでいる水晶に結び付けられている霊魂たちにそう言った。その霊魂たちも彼と同様に見ていた。
「神殿はまさに覚醒した。そして、彼らはまさにその中へ歩いていった!彼らは私が彼らがどんな力を持っているのか見たかったのだということはわからなかった。彼らの命を守っている何かを取り除くよりいい方法はなんだろう?」彼はそう言って作り笑いをした。「人々がその哀れなドラゴンの話を聞くとは思わなかった。」
「今度は私が綺麗にしてやろう」彼は自分を取り囲んでいるものたちへ言った。「彼らを打ち倒すときがきた。私はあの魂が欲しいのだ!」
霊魂たちは水晶球の中で休むことなく揺り動かすように渦を巻いた。
「なんだ?なんだ?私がお前たちを解放できないことはわかっているだろう!私は同じ方法でお前たちの魂を得たが、まだその時ではない!最終的にウィザードの魂を得た時にその魂を私の魂に結合するためにお前たちを解放するつもりだ。そしてすぐに私はかつてこの世に存在しない最も偉大なダークウィザードとなるのだ!」

マードックは扉まで歩いて鍵を差込みロックを解除した。彼は扉を押してそれが開くのを眺めていた。彼は中に踏み込んでまた扉を引いて、後ろの扉は再びロックした。彼はそれぞれの上に大きな水晶の乗った4つの台座のある場所へ歩いた。3つの水晶は霊魂で満たされており、それより小さな水晶が取り囲んでいた。4つ目の水晶は空っぽの状態だった。
その空っぽの水晶を見ながらマードックは言った。「周期が揃うまでいまからそんなにかからないだろう。3つの水晶は最も偉大なウィザードを探してその魂で満たした。4つ目はあの呪われた野獣の中にある魂を取り込む準備はできている!ひとたびそれを手に入れたら、台座の上に乗った水晶の中央に立ちそのエネルギーを引き出すのだ!それが私を最も強力なウィザードにすることなのだ!」
3つの台座の上の水晶の中の霊魂がまるでマードックを無視するかのように怒ったように渦巻いた。
「お前たちには選択の余地は無い!私はお前たちを服従させた。お前たちは私の意志に従うことになるだろう!」今は必要とする最後の魂を手に入れる段階だ。私の運命を実現するときがきたのだ!」
マードックはテーブルに乗った飾りチェストのほうへ歩いた。彼は鍵穴に鍵を慎重に合わせた。彼はそのチェストを開けると暗い色の液体の入った瓶を取り出した。
「これが見えるか?Tiamatの先祖の野獣の涙が入っている。これは私がウィザードの魂を得るためにTiamatを取り込むために、彼女を私のところへ導くものとなるだろう。彼女はこれのことを知ったらこれを探すことに抗うことはできないだろう!そして、彼女は私のものとなるのだ!」彼はかん高く笑った。霊魂が揺り動いてハミングし、霊魂の霧が薄暗くなりそれから明るくなった。

「私はこの部屋に保護のための呪いをかけた。それがこの部屋を守るだろう。私を止めようと試みて敢えて入ってくる者は誰でもそれを妨害されるだろう。さて、私は野獣たちを捕らえることにつながるイベントを開始しなければならない。」
マードックは後ろで大きな扉をロックして部屋から出た。中の魂たちはエネルギーとハミングした。それらは狂った偽りの聖職者に従順だったか?または、明かされたことに対して怒っていたか?
Tiamatはギクっとして目が覚めた。彼女は夢で何を見たか思い出せなかった。ただ、それがマードック、失われた魂、そして涙に関係しているということだけ覚えていた。涙は彼女の先祖が流したものだった。彼女はその邪悪なものを見つけ出すこと、マードックが始めたことが何であれそれを止めようと試みることに強い衝動を感じた。彼女は立ち上がり、自分の友人となって助けてくれる人々を探し始めた。おそらく彼女は今回の件をきっちり終わらせて再び自分自身を取り戻すことができるだろう・・・


【以下、原文】

The SoulTaker

Tiamat slept a troubled sleep, her mind was invaded by dreams of a unusual nature. It was almost like she had drifted into a trance instead of a sleep. Scenes flowed through her mind of the Evil one, Murdock. She could see him plainly and hear his words as if she was there, standing in the chamber with him. As her minds eye watched, she saw him as he…..

….. stood gazing into the crystal ball, watching as the first of his armies were defeated. Each Shrine he had sent them too, had been protected and saved by the people of the realm and the dragon.
“Now I know their strength,and what they are capable of, I can proceed with my plans”, he said to the Spirits bound in crystals surrounding the crystal ball, that were watching as well.
‘The shrines were just a rouse,and they walked right into it! They did not realize I wanted to see what strength they had. What better way than, to get them to protect something they live by?” He smirked.” Who would have thought they would have listened to that wretched dragon”
” Now my pretties”, He said to the ones surrounding him,” It is time to defeat them ,I want that SOUL!!”
The spirits swirled in the crystals as in restlessness,and agitation.
” What? What? You know that I cannot release you! Even though I gained your souls in the same way,the time is not right! When I finally get the soul of the wizard then I will release you to be combined with mine! And soon I will be the Greatest Dark Wizard that ever walked this realm!”

Walking to a door, Murdock fitted a key and turned the lock. Pushing the door, he watches as it swings open. Stepping inside, he pulls the door too and re locks it behind him. He walks over to where four pedestals stand, each with a large crystal on top of it. Three of the crystals were filled with spirits as the other smaller ones that had surrounded the crystal ball had been. The fourth stood empty.
Looking at the empty crystal Murdock spoke,
” It will not be long now before the cycle will be readied. Three crystals I have filled with the souls of the greatest wizards to be found. The fourth stands ready to capture the soul that is in that blasted beast! Once I have it, I will go into the center crystal on the pedestal and draw your energy! For that is what will make me the most powerful wizard!”
The three souls in the pedestal crystals, swirled in anger, as if defying Murdock.
” You have no choice! I have mastered you, and you will bend to my will!” Now, on to make preparations to get the last soul needed. It is time to fulfill my destiny!”
Murdock walked over to a ornate chest sitting upon a table. Carefully he fitted a key into the lock. Opening the chest, He removed a bottle of dark liquid.
“You see this? It contains the tears of the beast, Tiamat's, ancestors. This is what shall lead her to me so that I may contain her to gain the Wizards soul. She will not be able to resist searching for this once she knows of it!” Then I shall have her!” he cackled.
The souls hummed in agitation,their mist growing dim then bright.

” I have placed a protective curse upon this room. It shall be guarded. Any who dare enter, to try and stop me will be met with opposition. Now, I must go and start the event leading to the beasts capture.”
Murdock left the room, locking the great door behind him. The souls inside,hummed with energy. Were they obedient to the insane false priest? Or were they angry over what was about to unfold?
Tiamat woke with a start. She couldn't remember what she had dreamed of, just that it involved Murdock , lost souls and tears,tears that her ancestors had shed. She felt a strong urge to find the evil one, to try and stop whatever it was he had started. She rose to her feet and started off to find the people that had become her friends, with there help, perhaps she could end this once and for all and become herself again…..
関連記事
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/01/13 11:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。