ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Lake Austin] A New Assignment「新たな任務」

「新たな任務」のイベントは下記のとおり
シャード:Lake Austin
日時:2011/1/16(日)11:00(日本時間)
場所:トランメル ブリティッシュ城の階段

A New Assignment
新たな任務

堅木製の机の上に1本のキャンドルがのっていた。キャンドルは机の上に散らばった書類の山に揺らめいた光を投げかけていた。机のある石壁の部屋は静かで、数枚の羊皮紙を羽ペンで引っかく音だけが響いていた。

ペンを走らせているその男はブリタニアのロイヤルガードも指揮していた。指揮官ジェラード・ブレンウォール卿は52歳だったが年の割りにはまだまだ達者だった。性格はきっぱりとしていて肌は日焼けして色が変わっていた。残念なことに、漆黒の髪の中に一筋の白髪があった。若い頃からそうだったが髪を短く刈り込んでいた。時々、彼は老齢が戦場で完敗させる敵であることを願った。この敵と戦うことはできなかったが、彼は敬意を持って面と向かった。軍人にとって常に長生きは贅沢なものだった。

キャンドルの光が揺らめき始めた。ジェラードは濃い眉の下からキャンドルを見上げて睨みつけた。それに反応するかのように炎が揺らめきをやめた。満足しつつもぶつぶつ言いながら彼は仕事に戻った。女王がベイン選民との戦いにロイヤルガードを投入してからというもの、指揮官の生活は補給物資の書類、派兵の手配、そして状況報告書のオンパレードが延々と続くようになった。城内のガードバラックへの入口は客を出迎えるためにいったん使われるか簡単な書類業務をするための部屋から間に合わせの司令部に変わった。重要書類を保管するために本棚が急きょ設置されていた。地図や他の書類は置ける場所全てに広げられていた。それらのための場所を別に見つけるのは難しく、補給物資の搬出もそこで行われるようになった。部屋の隅には一時的な待機場所として使われていたいくつかの木製ベンチがすし詰め状態になっていた。

女王の夫はいまだ行方不明でベイン選民は着実に勢力を伸ばしており、女王は破れかぶれになっているという噂があった。ジェラードには噂に割く時間はなかったので、彼は噂に心を取られることはほとんどなかった。しかし、彼は女王のために心配していた。王冠に対する確固とした忠誠心、指揮官は女王が不穏な考えにたじろぎ始めている可能性を見いだした。

厄介事やベイン選民の脅威がさほどなかったとき、彼はいくつかの山賊の集団がどうやら戦争で活気付いてきているようだという報告を受けた。先週、補給部隊がブリテンに向かう途中、コーブの近くで襲撃されて、荷物は盗まれて護衛は殺された。彼は書類の山から信書を取り出し、キャンドルの光の中でそれを徹底的に調べた。彼は立ち上がってため息をついた。その報告書を折りたたんでベルトの中に押し込んで、ドアのほうへ向かった。彼は鉄の取っ手を引くと、外の厳しい寒さの夜気の中に頭を突き出して、外に配置されているガードのひとりに指示を出した。

「メッセンジャーを呼んでくれ。マーカム卿の居場所を見つけるように言ってくれ。彼はすぐに私に報告することになっていたんだ。」

-----------

指揮官が外の騒動を聞くまで数時間かかった。ドアが開け放たれ黒い革鎧を全身にまとった男を認めた。彼は背が高く、よく鍛えられていて、堂々とした感じだった。彼の顔は布マスクで覆われていた。彼はマスクを首のところまで引き下げてから、自分の上司に敬礼して報告を始めた。「閣下、命令されたことをご報告します。」

ジェラードは立ち上がり腕を伸ばして握手を求めた。「マーカム卿、だいぶ長いことかかったな。」彼はその騎士に彼の机の向かい側に座るように身振りで示した。「お前に報告することがある。」彼はベルトから報告書を引き出して机の上に放り投げた。

「申し訳ありません、閣下。メッセンジャーが私たちの居場所を見つけるのに時間がかかりました。」マーカム卿は座ると羊皮紙を広げるとそれを持ってキャンドルの灯りがよくあたるようにキャンドルに近づけた。「山賊」彼はささやいて報告書を読み続けた。彼は顔を上げると言った。「私へのご命令は何でしょうか?閣下。」

「現場におけるお前の努力は模範的だ。ベイン選民に対する電撃的な攻撃はいくつかのキーエリアで彼らを撃退した。私たちは彼らに対して着実な成果をあげてきている。私たち自身の努力と同じくらい市民に多いに感謝している。しかしながら、私たちの補給線への脅威は私たちが成し遂げた成功を少なからず傷つける可能性がある。山賊たちを見つけ出して欲しい。チームを集めて、山賊たちに何が起きているのか調べて欲しい。そして、次に彼らを排除してくれ。」

マーカムは立ち上がり敬礼した。マスクを後ろから引き上げて顔を覆うとドアから出て行き夜の中へ消えていった。



【以下、原文】


A New Assignment

A lone candle sat upon a hardwood desk, casting a wavering light over the piles of paperwork that were scattered over its surface. The stone chamber where the desk sat was silent, except for the sound of a quill pen as it scratched its way across several sheets of parchment.

The man who commanded the pen also commanded Britannia’s Royal Guard. At 52, Lord Commander Gerard Brenwall was still hale and hearty for his age. His features firm, his skin tanned and weathered. To his chagrin, there were streaks of silver invading his jet black hair, which he kept cropped short as he’d done since he was a youth. He sometimes wished that old age were an enemy he could rout on the battlefield. Though he couldn’t fight this foe, he faced it with respect; a soldier wasn’t always afforded the luxury of a long life.

The candle’s light began to flicker. Looking up from his work from under bushy eyebrows, Gerard scowled at the candle. As if in response, the flame steadied itself. Grunting in satisfaction, he returned to his work. Since the Queen had commanded the Royal Guard’s involvement in the war with the Bane Chosen, the Commander’s life had become an endless parade of supply manifests, troop dispatches, and progress reports. The entrance to the guard’s barracks on the Castle grounds had been transformed from a room once used for greeting guests or doing a bit of light paperwork to a makeshift command center. A bookshelf had been hastily erected to hold important documents. Maps and other paper work were spread out across every available surface. Unable to find another place for them, several shipments of supplies had also taken up residence there. Crammed into the corner were several wooden benches, which were being used as a temporary waiting area.

With her husband still missing and the steady advance of the Bane Chosen, there were rumors that the Queen had become desperate. Gerard had no time for rumors, so he paid them little mind. But he was concerned for his Queen. Unwaveringly loyal to the crown, the Commander found the possibility that Dawn was beginning to falter a disturbing idea.

If troublesome thoughts and the Bane Chosen weren’t enough, he’d received reports that several bands of brigands had apparently become emboldened by the war. Last week, a supply caravan on its way to Britain had been ambushed near Cove, its cargo stolen and its guards killed. He fished the missive from a pile of papers and scrutinized it in the candle light. He stood and sighed. Folding the report and tucking it into his belt, he made his way to the door. He pulled on the wrought iron handle and poked his head out into the frigid night air, addressing one of the guards stationed outside.

“Hail a messenger. Tell him to locate Sir Markham, he is to report to me at once.”

-----------

It was several hours before the Commander heard a commotion outside. The door swung open, admitting a man dressed head-to-toe in black leather armor. He was tall, well-built, and an imposing sight. His face was covered in a cloth mask that he pulled down to his neck before saluting and addressing his superior. “Reporting as ordered, my Lord.”

Gerard stood, extending his arm for a handshake. “Sir Markham, took you long enough.” He motioned for the Knight to take the seat opposite his desk. “I have something here for you,” he said, pulling the report from his belt and tossing it on the desk.

“I apologize, sir. It took a while for your messenger to locate us.” Sir Markham sat and unfolded the parchment, holding it up to the candle for better light. “Brigands,” he muttered, and continued to scan the report. He looked up, “what are my orders, sir?”

“Your efforts in the field have been exemplary. Your lightning raids on the Bane Chosen have harried them in several key areas. We’re making steady progress against them, much to thanks to the citizenry as much as our own efforts. However, the threat to our supply lines could undermine the little success we’ve had. I want you to track down the brigands. Gather a team, find out what the brigands are up to, and then take them out.”

Markham stood and saluted. Pulling his mask back up over his face, he disappeared out the door and into the night.
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。