ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Baja] Tiamat’s Troubles「Tiamatの問題」

第1話 The Black Dragon「ブラックドラゴン
第2話 Tiamat「ブラックドラゴンTiamat
第3話 Death's Rage「死に対する激怒
第4話 Murdock meets Tiamat「マードック、Tiamatと会う
第5話 The SoulTaker「魂を奪う者


Tiamat's Troubles
Tiamatの問題

Tiamatは何が起きたか思い返しながら宿屋で座っていた。もちろん、彼女は新しく見つけた友人たちが邪悪なMurdockの研究室の中にいたガーディアンと戦い打ち負かして、捕らえられていた魂が開放されたのを見たことはわかっていた。彼女はMurdock自身として見ていて、Murdockは倒され、彼の死体から彼の魂が渦巻くのを見た。彼女はチェストからボトルをもらった。そのボトルの中には彼女の先祖の涙が入っていた。それをもらった時、彼女は奇妙な感覚に圧倒され、あっという間に人間に変わってしまった。どうしてこのようなことが起きたのかは想像もできなかった。そのようなことが起きるには強力な魔力の結合が行われることが必要だった。おそらく、彼女の中には2つの魂があった。1つはドラゴンの魂、もう1つは人間の魂、それが結合されていた。
彼女は首を振りながら目にかかっていた長い黒髪にブラシをいれて自分自身に呟いた。
「人間たちは顔にかかっている髪をいつもどうやって処理しているのだろう。」
Tiamatに持ってきてくれた酒をちょっとひとくちだけ飲んで、彼女は嫌悪感で顔を歪めた。「たぶん、奥の深い味なんだわ。」と彼女は呟いた。
彼女は立ち上がって前後に歩き始め、4つの足ではなく2つの足だけで真っ直ぐ立つ感覚をつかんだ。「そうね、少なくともこれは悪くないわ。」と彼女は考えた。
歩き回って、彼女の考えはMurdockの研究室に戻った。彼女本来のドラゴンに戻すための何かが研究室にあるに違いなかった。ある種のポーションの別のボトル、おそらくどこかに書かれているであろう呪文。
Tiamatはため息をつき、長い息を吐いた。彼女は研究室に戻り、自分をドラゴンに戻す手助けとなる何らかの手がかりを探すべきであることはわかっていた。もし彼女が何を探せばいいのかわかった時は、この世界の新しい友人たちを再び呼ぶべきだろうということは確信していた。彼女は友人たちが再びまた彼女を助ける意思があることを望んでいた。

彼女はドアのほうへ振り返ると、今となっては羨ましい姿の威厳のある野獣が住んでいる寺院へ戻る旅を始めた。彼女が探索を始めるのはここだった。そして、その先には邪悪なるMurdockの研究室の場所があった。

夜の暗闇の中、彼女はIsle of Fireと呼ばれるところ、そして寺院へ行くための船旅のために港へ向かった。。


【以下、原文】

Tiamat’s Troubles

Tiamat sat at the inn, reflecting on what had happened. Granted she had seen the souls that were entrapped freed as her new found friends had fought off and defeated the guardians that were in the lab of the evil one Murdock. She had watched as Murdock himself, was defeated, and watched his spirit swirl out of his corpse. She had been given the bottle from the chest, a bottle that held the tears of her ancestors. When she had been given it, a strange feeling had overwhelmed her, and in the blink of an eye, she was transformed into a human. How this had happened was inconceivable. There had to be strong magic combined enforce to have such happen. Perhaps it was within herself, the two souls, one dragon,one human combined.
Shaking her head, then brushing the long dark hair out of her eyes, she muttered to herself,
“How do these humans get use to this hanging around their face all the time”
Taking a tentative sip of the ale that had been brought to her, Tiamat screwed up her face in distaste.”Perhaps its a learned taste” she muttered.
Standing up she began to walk back and forth, getting the feel of standing upright on just two legs instead of four. “Well, at least this isn’t too bad” she thought to herself.
As she paced, her thoughts went back to Murdock’s laboratory. There had to be something in laboratory that could help her transform back into the Dragon she once was. Another bottle of some sort of potion, perhaps a incantation spell written somewhere.
Tiamat sighed and took a long drawn out breath. She knew she was going to have to go back to the laboratory and search for any clues that could help her in her quest to return to being a dragon. When and if she found what she searched for, she would yet again have to call upon her new friends of the realm she was sure. She hoped they would be willing to help her yet again.

Turning towards the door, she started her journey back to the temple, where the majestic beasts she so envied in their form now, dwelled. It was here that she would start her search, and onwards to the place where the evil one, Murdock, had his Lab.

In the dark of the night, she made her way towards the docks to gain voyage to what was called the Isle of Fire, and the temple…..
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。