ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[Lake Superior] Wanted Alive「生け捕り」

Wanted Alive
生け捕り

それはユーの東の荒野での厳しい寒さの朝だった。クレモンズ先任曹長(First Sergeant Clemons)と彼の分隊が移動したときは、身を切るような風で声はほとんど聞こえず、雪をブーツで踏み砕きながら灯りを守った。勇敢な決意を持った精鋭のロイヤルガードたちは何の不快さも示さず、意地悪いブリタニアの冬と戦った。息は凍り唇は青ざめたが、彼らは差し迫っている重要な任務を続行した。分隊が開拓地に到着した時、その場所で先任曹長は転んで膝をついた。振り返らずに彼はその場所をガードたちに合図した。分隊は躊躇することなくその場所に集まった。

「諸君、我々のターゲットだ。」先任曹長は開拓地の小さな小屋を指し示しながらにやりと笑った。古風で趣のある建物の外にちょうど立っていたのは鎧を着た男で、彼の肩には将校用の肩鎧がはっきりと見えた。

「連合(Confederate)のハゲタカどもは実際正しかったようだ。」クレモンズは嘲った。

いく晩か前、ロイヤルガードは連合から統一ソーサリア(Unified Sosaria)に宛てたユーの東でのベイン選民軍の行動に関する未確認情報を受け取った。それはエーギル(Egil)と彼の部下たちがガードとの休戦の約束を立証することを望んでいるように思えた。この意思が本当であると信じて、クレモンズはその情報を元に行動することを買って出た。彼らはベイン選民が知っていることが何であるのかを探り出す必要性に迫られていた。そしていま、そのチャンスが転がり込んできたのだった。

「よろしい、諸君。我々は迅速かつ静かに移動するぞ。その将校を生け捕りにしよう。」クレモンズはその点を強調する必要があったとは感じていなかったが、彼の部下たちは自分たちがここにいる理由を知っていた。「他の者は虐殺する。」

先任曹長は立ち上がり開拓地から突進した。刃の光で選民に気づかることを恐れて剣はまだ抜いていなかった。この雪と風の中、ガードたちは白い衣服を着て迅速に移動した。守っている側はそれが手遅れになる前に攻撃者たちに気づくすべはなかった。

クレモンズと彼の分隊はその小屋、そして中に戻っている将校に接近した。間をおかず、先任曹長は階段でジャンプして正面のドアに最初に肩をぶつけた。彼は横に転がり足元に戻った。彼らの衝撃でしばらく痺れていたので、右側の何人かの選民の兵士たちのほうを走り抜けた。その状況を利用して他のガードたちは選民たちが剣を抜く前にその兵士たちに剣を斬り下ろした。

その男が後ろの部屋に姿を隠したので、クレモンズは部下たちを待たなかった。騒音を聞きつけて上の階の兵士たちが急いで駆け下りてきてその男と先任曹長の間に効果的に割り込んだ。ベイン選民の兵士たちはガードによって2対1の数まで減らされたが、何の恐怖も示さず剣を抜き前へ押し進めてきた。

彼らの努力は空しいものだった。クレモンズによって選別され訓練されたロイヤルガードの精鋭たちは一瞬の躊躇いもなくその小グループの兵士たちを殺した。無言のまま分隊を半分に分けて上の階に向かい小屋に残った者を殲滅した。他の6人の男たちはいま大きな騒々しい音がしている後ろの部屋へ向かった。

最終的にガードたちは目にした光景に笑ってしまい自分たちの規則を破ってしまった。2人のベイン選民の兵士が死んでテーブルに弓なりに横たわっていた。将校は自分の身を守るために剣で死に物狂いの抵抗を試みた。先任曹長は武器を脇に置きその男を嘲り笑った。

「すぐ来い。武器は捨てろ。」クレモンズは激しく笑いながら言葉を続けた。「お前は哀れだ。」

その将校が先任曹長のところへ走り出たとき、その顔は怒りに満ちていた。クレモンズはその将校が斬りつける度に簡単にその武器を払いのけ、その男の全身を無防備な状態にした。傲慢さで判断を曇らせた瞬間、将校が自由な腕の手でダガーを振り回し白髪まじりのガードの喉元に切りつけようとしたため、クレモンズはあやうく取り逃がすところだった。

その将校の見えない方向からの武器の攻撃を逸らすために両手で彼の武器を取り上げるまでの間、クレモンズはダガーをぎりぎり避けながら押し戻した。クレモンズは将校の右手を離し、その手首をハンマーのように振り下ろした。ダガーは床に落ちてカタカタ音がしていた。それと同じくして、彼は剣で将校の膝を左から下へ斬り下ろした。

クレモンズが前に進んで右肘をその男の顔にぶち込むと、その男の甲高いわめき声は静かになった。将校が床に崩れ落ちた時、はじけるような音が聞き取れた。彼の顔は僅かに横を向いていて、彼の鼻は粉々になって顎は砕けていた。

先任曹長クレモンズはその将校の剣を端のほうへ蹴り、彼をその場に押さえ込むためにその男の足の付け根に自分の足をしっかりと置いた。

「このくずをここの外へ出せ。」彼は喋りながらさらに足に力を入れた。

クレモンズはベイン選民の将校を一瞥しながら足を持ち上げて、彼に予言した。「少佐、お前は我々にこれらの導管について話すだろう。その時・・・」先任曹長は床からダガーを拾い上げて手の中に持ちながら笑った。



【以下、原文】

Wanted Alive

It was a bitter and frigid morning in the wilderness east of Yew. Little could be heard over the piercing wind, save the light crunching of boots on snow, as First Sergeant Clemons and his squad moved through. The elite Royal Guardsmen, stalwart in purpose, showed no signs of discomfort as they battled the vicious Britannian winter. Their breath frozen, their lips blue, the dire importance of their mission kept them going. The First Sergeant, on point, fell to a knee as the squad approached a clearing. Without looking back he signaled the Guards to his location. The squad, without hesitation, converged.

“Our target, boys.” The First Sergeant grinned, pointing at a small cabin in the clearing. Standing just outside the quaint building was an armored man, an officer's pauldron clearly visible on his shoulder.

“Those Confederate buzzards were actually right,” Clemons scoffed.

A few nights prior, the Royal Guard received unconfirmed intelligence from the Confederacy for a Unified Sosaria, regarding Bane Chosen army activity east of Yew. It seemed Egil and his lackeys were hoping to prove their commitment to their ceasefire with the Guard. Believing this intention true, Clemon's volunteered to act on the information. They've been in a desperate need to find out what it is the Bane Chosen know, and now the chance has fallen into their lap.

“Alright, lads, we move quickly and quietly. The officer must live,” Clemons didn't feel he needed to stress that point, his men knew why they were here, “slaughter the rest.”

The First Sergeant rose to his feet and dashed through the clearing, not yet drawing his sword for fear the gleam of its blade would alert the Chosen. In this snow and wind, the Guardsmen moving swiftly in their white clothing, the defenders otherwise had no way of noticing their assailants before it'd be too late.

Clemons and his squad neared the cabin, the officer having returned inside. Without slowing, the First Sergeant bounded up the steps and slammed shoulder-first through the front door. He rolled, returning to his feet, running right past several Chosen soldiers as they were momentarily paralyzed by their shock. The other Guardsmen, taking advantage of the situation, cut the soldiers down before they could draw their weapons.

Clemons didn't wait for his men as he disappeared into a back room. Soldiers from upstairs, responding to the noise, rushed down to effectively cut off the First Sergeant from his men. The Bane Chosen soldiers, outnumbered two-to-one by the Royal Guard, showed no fear as they drew their weapons and rushed forth.

Their effort was in vain. The elite of the Royal Guard, handpicked and trained by Clemons, killed the small group of soldiers without a second of hesitation. Not a word spoken, half of the squad split off and headed upstairs to clear the rest of the cabin. The other six men started toward the back room, a loud raucous now sounding from there.

The sight they beheld finally caused the Guardsmen to break their discipline, allowing themselves a laugh. Two Bane Chosen soldiers lay dead, hunched over a table, the officer handling his sword in a desperate attempt to defend himself. The First Sergeant, weapon down to his side, laughed and jeered at the man.

“Come now, drop the act,” Clemon's continued to laugh heartily, “you're pathetic.”

The officer's face was flush with rage as he ran at the First Sergeant. Clemon's easily parried the man's weapon, each time sending the officer's swing wide and leaving his entire body defenseless. Letting a moment of arrogance cloud his judgement, Clemon's was nearly caught off-guard as the officer brandished a dagger in the hand of his free arm and took a swing for the grizzled Guard's throat.

Clemons ducked back, narrowly avoiding the daggers point, while bringing his weapon up with both hands to deflect a blindside swing from the officer's sword. He released his right hand and brought it down like a hammer on the officer's wrist, the dagger clattering to the floor. At the same moment he spun his blade down and from the left, cutting across the officer's knee.

The screeching noise coming from the man was silenced as Clemons stepped forward, slamming his right elbow into the man's face. An audible pop could be heard as the officer fell to the floor. His face was slightly askew, his nose shattered and jaw out of place.

First Sergeant Clemons kicked the officer's sword to the side and placed his foot firmly against the man's groin, holding him in place.

“Get this scum,” he applied more pressure with his foot as he spoke, “out of here.”

Looking the Bane Chosen officer in the eye as he was hefted to his feet, Clemon's made him a promise, “You'll tell us about these conduits, Major. Then…” The First Sergeant picked the dagger up from the floor, hefting it in his hand, smiling.
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。