ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤバい仕事

ヤバい仕事
2013/10/17

酒場は多くの客で賑わい、すぐには彼女は見つからなかった。ようやく彼女の姿を認め、男は微笑みを浮かべながら彼女のテーブルに向かい、同席した。「やぁ、待たせたね。こっちはほぼ収穫ナシ……話をしてくれる人がほとんどいないんだ。どうやらパプアを出た船は無し、僕らがあの難破船を見つけた頃は誰もサーペントピラーを使えなかった、ということらしい。それから、こんな不可思議な難破船は、これが初めてじゃないとも聞いた。今まで船が現れなかった所にさえ船団がいるっていうんだ。しかし誰が乗っているのかまでは判らない……僕が助けたあの人もまだ意識を取り戻していないし」片手で髪をかきあげ、イザヤ(Isaiah)は腹立たしげに息を吐いた。「で、君の方は何か判った?」

イザベル(Isabelle)は婚約者に笑いかけ、エールのマグから一口飲んだ。「そうね、無愛想な船員さんより、愛想のある美人の勝ちってとこかしら」と、いたずらっぽく言いながら彼女はウィンクしてみせた。「難破船を引き上げた船の乗組員が全部話してくれたわ。ああいう難破船は大抵積み荷を満載しているんですって……明らかに盗品のね。あれは海賊船なんじゃないかって彼らは考えているそうよ。だけど、どこから盗まれた物なのか全く判らないっていうのが気になるわね。出航した船の積載貨物目録には無い品々なんですって」イザヤの表情から彼が他の何かに意識を集中させていることに気づき、イザベルは眉をひそめた。「ねぇちょっと、聞いてるの?せっかく重要な情報だと思って話しているのに…」確かにイザヤは最初のうちはイザベルの話に夢中になっていたが、途中であるものが彼の注意をひいたのだ。イザベルに意味ありげな視線を送り、イザヤは声を落として言った。「そのまま話し続けて……なんでもいいから」イザベルはいぶかしげな表情をみせたものの、話を続けた。そしてイザヤは全神経を研ぎ澄まして隣のテーブルから聞こえてくる会話に耳を傾けるのだった……。

「へっ、オメーには期待してたんだがな……。まぁいい、サイオン(scion)に手を出してから、オメーもビビるようになっちまったってこったな。だろ?」と、男は薄汚れた歯を見せながらニヤリと笑い、目の前の身なりのいい男を見やった。

「ビビるだと?てめぇ、俺を誰だと思ってる。俺にそんなクチをきいていいと思ってんのか?てめぇがやったことは、屠殺場に子羊を送りこんだようなもんだぞ、この大馬鹿野郎。他のヤツらには、こんな仕事は無理だ」

「ほぉ、じゃあオメーならやれるってのかよ?どうなんだ?」

やや苛立った様子で男はダブレットの乱れを直し、口を結んで少し考え込んだ。「できるさ……だが、条件次第だ。報酬は何だ?」

薄汚れた歯の男は再びニヤリと笑い、テーブルの向こうから小さな袋を滑らせて寄こした。受け取った側はその袋を開き、ヒューッと短い口笛を吹いた。袋の中には、男がこれまで見たこともないような大粒の宝石が幾つか入っており、一緒に入っているメモには残りの報酬についての説明と、盗むべき品の詳細が書かれていた。男はフッと小さく笑うと、テーブルの向かいに目を戻した。

「オイオイ、俺はまだオーケーしてねぇよ。なのにこんな大層なモンをご丁寧に計画指示書付きで俺みたいなヤツに渡しちまうなんざ、ちっとばかりウカツなんじゃねぇのか?」

「フン…、あの女は見抜いてる。オメーは引受けるさ。違うか?」

顎に手をやり、長いこと考え抜いた末、男は答えた。「その女とやらに言っとけ。万事上手く行く。そして、ここにあるものは俺が全部いただく。それと……もし面倒事が起きるようなら、追加ボーナスをはずんでもらうぜ」

身なりの良い方の男が席を立った時、イザヤはイザベルとの会話に夢中で彼らの会話など耳に入っていなかったフリをした。というより、実際彼は途中からは興味を失っていた……なぜなら、イザヤの目下の関心事とは全く関係がなさそうな話であったから。婚約者に意識を戻し、彼はイザベルに微笑みかけた。「さて、もうここに居ても収穫はなさそうだ……スカラブレイか、あるいはトリンシックでなら何か判るかもしれない」最後にエールを飲みほし、彼は席を立った。「ベスパーは僕には風通しが良すぎるよ」


(以下、原文)

A Risky Proposition

Author: UO Team

It took him a minute to spot her in the crowded tavern, but as soon as he did it brought a smile to his face, and he joined her at the table. "Hey...looks like you got here a bit faster. I could only get anything useful out of a few...and even that wasn't too much since most weren't interested in talking at all. It seems that no boats departed from Papua at all, and nobody should've been able to utilize the Serpent's Pillar at the time we came across the wreck. I've also heard word that it's not the first unexplained wreck...there's apparently droves of them in places where a ship was never even sighted. Unfortunately, we can't find any information on the inhabitants...and the one I saved still isn't awake." Running his fingers through his hair, Isaiah exhaled exasperatedly. "How did your search turn out?"




Isabelle smiled over to her fiancee, and took a drink from her mug of ale. "Well, apparently a pretty face can win out over a rugged sailor's brusque manner!" She gave him a wink, her tone teasing and playful. "Some of the crews who pulled in salvage ships are talking all about it, and it looks like a lot of them are loaded with goods...clearly stolen items, and they suspect they are pirate vessels. But the more important thing...nobody can find where the items were stolen from. None of our ships that went missing have those items listed on their manifests." Isabelle frowned as she noticed the look of intense concentration on Isaiah's face. "Hey, are you listening? I thought it was important..."
Isaiah had been enthralled by Isabelle's story at first, but something else caught his attention...he gave her a meaningful look, and said softly, "Keep talking...about anything."
Isabelle gave him a curious look, but continued, as Isaiah did his best to listen in on a conversation he heard from the next table over...

"Well, it's no' that yer weren't the first we thought o'...but maybe we assumed yer jes' lost yer nerve after that 'ole mess with the scion, y'know?" The man grinned through a set of rotting teeth, looking at the smartly dressed fellow across from him.
"Lost my nerve? Who do you even take me for? And did you really think this kind of word wouldn't get back to me? You nearly sent lambs to the slaughter is what you did, you twit. Nobody else can possibly handle this job."
"Oh, so yer saying yer can? Can yer back that up, boyo?"
With a bit of an irritated hmph the man straightened his doublet slightly, pursing his lips as he pondered. "I can do it...whether it's worth my while is another matter. What exactly are you offering?"
The rotten-toothed man grinned once more, and slid a small bag across the table, which the other opened and suppressed a whistle. Inside were several of the largest gemstones he'd ever seen, along with a note listing what the remainder of the payment was...as well as more details on the item to be stolen. With a few laughs under his breath, he looked across the table. "A bit presumptuous to hand someone like me this much, and even the instructions before I even accepted, isn't it?"
"Oh...well, she knew that yer'd take the job. And she right, ain't she boyo? Yer up fer it, ain't yer?"
Rubbing his chin for a moment, the man only replied after a long moment of contemplation. "Tell whoever she is that it'll be done. And I expect to get everything entitled here...and we'll see if more is needed based on how much trouble I run into."

Isaiah made sure that when the smartly dressed man stood from his table he had his attention on Isabelle, to look like he hadn't been listening. Truth be told, he'd lost interest about halfway through...irritated that it turned out to have little to do with the matter at hand. Giving his fiancee his undivided attention, he smiled to her. "Well, it doesn't look like we're going to find much more out here...maybe we can find something out at Skara Brae or perhaps Trinsic." Taking a final drink of the ale, he stood. "Vesper was always a bit too breezy for my tastes..."

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。