ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミナックスの企み

ミナックスの企み
10/30/2013
著者:EM Drosselmeyer

女は膨大な魔力をクリスタルに注ぎ込んだ。クリスタルはパチパチと音を発し、その力は女の周囲の地面を揺り動かしはじめた……が、すぐにそれは止み、結局何も起こらなかった。そんなことは女も想定済みだった……単にこのクリスタルがあるだけでは駄目なのだ。何かで焦点を生み出さなければ。そのためには、もっと強力な何かが必要……と、そこまで考えた時、ふいに最高の場所に思い至った。好都合なことに、あの場所なら滅多に人が来ることもない。邪悪な笑みを浮かべながら、女はシャンティ(Shanty)に手招きした。「ついておいで、シャンティ。もし邪魔者がいたら、お前のやり方で解らせておやり」

ややがっしりした体格の男は、喉の奥からクックッと腹黒い笑い声をたてながら、魔法のかかったきらめく大きなカットラスを引き抜いた。「お任せを、ご主人様。ご命令とあらば喜んで。このシャークバイトで楽しめるならなおさらのこと」と、肩に添えた刃を軽く叩き、愛おしげに男は言った。女が手を一振りして力の言葉を唱えると赤いムーンゲートが開き、二人はそれをくぐって目的地に向かった。



「悪ィことしたな、バードさんよ。今日は展望客にゃ厄日なんだ」シャークバイトをオイルクロスで拭い、バードの返り血を浴びたままのシャンティはそう呟くと、クリスタルを慎重にセットしている女のところへ戻っていった。「そいつは一体何なので?いや、オレが知る必要はねぇんでしょうが、手伝いが要るなら……」女が立ち上がったので、シャンティはそこで言葉を止めた。

「いい心がけね、シャンティ。でも、お前に魔法は期待できないわ……」

「確かにその通りで。ご主人様」男はカットラスを鞘に戻さず刃を点検したが、そんな必要があるはずもなかった。ギザギザの刃は魔法によって永遠の鋭さが保たれている。「では、オレがお役に立てる方面はお任せを」男は重々しい足取りで階段に向かい、少し汚れたオレンジを取り出して血塗れの指で無造作に皮を剥くと、一口かじった。「御用があればお呼びください、ご主人様」

シャンティの滑稽な仕草にニヤリと笑い、女は向き直って自分が置いた物を満足げに眺めた。例の宝石は、最も強力な焦点生成空間となりえる場所に置かれている……そういった焦点生成や反射の目的でこの場所は使われてこなかったことだろうが。強力な呪文に包まれ、宝石は女が配置した何枚かの鏡に囲われた中央に鎮座していた。「さぁ、始めましょう……」と静かに言うと、女は力の言葉を唱え始めた。それはニスタル(Nystal)の姿が消えて以来、誰も耳にすることのなかった呪文だった。魔法の力に部屋は振動を始め、巨大な力が建物を揺らし、まるで建物全体がバラバラに引き裂かれるかのような凄まじい破壊音が鳴り響いた。

その音にシャンティが振り向くと、灯台の窓から凄まじい力の光が燃え上がっているのが見えた。魔法エネルギーの音以外に聞こえるのは女の詠唱だけであり、やがてそれは成功の喜びにあふれる高笑いに変わっていった。エネルギーの嵐の咆哮は、一瞬彼女の声をも圧倒するほど激しさを増したが、突如として静寂が全てを包み、光は消えた。

女は用心深い足取りで出て来ると、手にしていたクリスタルをポーチにしまった。「これでよし……面白くなったわ。他にもイタズラしてしまおうかしら、ねぇシャンティ?」

「はい、ご主人様。報酬も申し分ねぇですし、しかも久しぶりに心底楽しめました。どうぞご指示を」

女は笑みを浮かべて再び力の言葉を唱え、新たなムーンゲートを開いた。「ところでシャンティ、私のことは名前でお呼び。そろそろ身を潜めるのも飽きたから」

「へい、ご主人さ……、じゃねぇ、ミナックス様(Lady Minax)」

そして二人はゲートの中に消えた。位置を変えられた鏡と波間に漂う死体だけが、大灯台を二人が訪れた証としてその場に残されていた。


(以下、原文)

Minax's Plan
Posted by Bonnie Armstrong | 2013 Oct 30 14:22 -0400 GMT
Author: EM Drosselmeyer

 The crystal crackled and sputtered in her hands as she poured her considerable magic into it, causing the ground around her to tremble with the power...but soon enough it calmed, and nothing had happened. She had assumed as much might happen...a focal point was needed, and the crystal alone couldn't do it. It needed something stronger, something more powerful...and that was when she thought of the perfect spot. And the best part was, almost nobody was ever there. With a wicked smile adorning her face, she gestured over to Shanty. "Attend me, Shanty; I may have need of your particular brand of persuasion if we run into trouble."

 A dark, guttural chuckle came forth from the slightly heavyset man, as he drew a large cutlass glittering with magical enchantments. "As yer wish, m'lady. Ah live ter serve, yer know...'specially when it mean gettin' ter 'ave a little fun with ol' Sharkbite 'ere." His tone was affectionate as he patted the flat of the blade along one shoulder for emphasis. A wave of her hands and with the chanting of the words of power, a red moongate opened up, and the duo passed through to their destination.



 "Poor ol' bard...bad day ter go ou' sightseein'." Shanty grumbled as he came back to see the Lady setting up the crystal carefully, some of the bard's blood still on him as he wiped Sharkbite off with an oil cloth. "So, what is it yer up ter up there? Not tha' I need ter know, but if yer need help..." He left it open ended, as she stood up from what she was doing.

 "While I appreciate your offer, Shanty, magic isn't one of your strong suits..."

 "Yer got me there, m'lady." Keeping the cutlass out, he checked it's edge...despite not needing to, the enchantments keeping it's serrated edge razor sharp perpetually. "Ah'll jes' do what Ah do best 'en." He stepped heavily over to the steps and pulled a slightly dingy orange out, peeling it with his bloodied fingers nonchalantly and taking a bite from it as he did. "Yer jes' yell if yer need me, m'lady."

 Grinning to herself at Shanty's antics, she turned to admire her handiwork. The gem lay at what might be one of the strongest focusing chambers...even if it wasn't typically used for this kind of focusing and reflection. Held in place by a powerful spell, the gem lay at the center of the mirrors she'd finished repositioning. "Showtime..." She said softly to herself, before chanting words of power in combinations unheard of since before Nystul's vanishing. The room trembled with magical power, the entire structure itself shuddering under the immense forces tearing through it's very core, before a hideous cracking noise was heard, as if the entire building was being torn asunder.

 Shanty heard the noise and whirled his head, seeing an intensified glare of power flaring out of the windows of the lighthouse, the only sound over that of magical energy is her voice chanting those words, and finally ending with a cackling of successful laughter. The storm of energy howls even louder to drown her out for just a moment, before all suddenly goes quiet, and the light vanishes.

 Stepping gingerly outside, the Lady smiles as she walks out with the crystal in tow, tucking it into her pouch. "This will do nicely...and should be quite amusing at the same time. Let's see what other mischief we can get up to, Shanty."

 "Yer got it, m'lady. Yer payin' me enough an' providin' me wif more amusemen' 'en Ah've seen in years...so yer jes' lead the way."
With a smile she chanted the words again, a new moongate opening before her. "And Shanty...call me by my name. I've been hiding for long enough, I think."

 "Yer go' it, m'lady...err...Lady Minax."

 With that, they stepped through the gate and vanished, leaving behind only the repositioned mirrors and a body carried away by the ocean to have proven their presence at the great Lighthouse.
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。