ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やむを得ぬ連携

やむを得ぬ連携
投稿日:2013年11月23日

「そんなことが上手くいくと本気で思っているのかね?」と、アノン(Anon)はブラックソン王(King Blackthorn)の提案を鼻で笑った。

「そうか、あなたの能力では無理だと言うのなら、あなたの評判も『二番目に強い魔法使い』のままだろうな」

テーブルをぴしゃりと平手で叩いたアノンを座ったままデュプレ(Dupre)が睨みつけた。「どうもオレには判らんな……単にその発生源とやらをぶっつぶせばいいんじゃないのか?」

「それではどうしても多くの犠牲が出てしまうのだ。アノンと私が下した結論はこうだ。盗み出した不死の宝珠のかけらを使い、ミナックス(Minax)はエセリアル虚空間に別の世界へ通じる裂け目、すなわち盗賊やならず者に征服されたソーサリアとの通路を開いたのだ。この結合部を破壊してしまうと、片方もしくは双方の世界をも破壊しかねない。そこで代わりの計画をアノンが考えだしたのだ。これはかつてニスタル(Nystul)が行ったものと幾分似通っているのだが…」

「全然違うわッ!世界全体の法則やわしらの力の源を狂わしたりはせんッ!」

王が片手をあげたので、アノンはしぶしぶおとなしくなった。「よろしい。とにかく、その呪文を唱えようにも、おそらく邪魔が入るだろう……やっかいなことにミナックスとその…シャンティ(Shanty)とやらが待ち構えているだろうからな。その呪文を使えるのはアノンだけであり、私は彼のサポートを務めねばならない」

「だがシャンティの魔法の剣は強力だ……もはや現存しないと思っていた古の武器の一つだぞ、あれは。オレはあれに太刀打ちできる物を持ってない」

王が呼び鈴のヒモを引くと、布にくるまれた物を持ったヘクルス(Heckles)が入室してきた。「サー・デュプレ。探すのに少し手間取ったが、私のコレクションにあったこの品なら、あの男に対抗する上で役に立つかもしれない」

歩み寄りながらヘクルスは布を外し、中から剣を取り出してデュプレ卿に手渡した。デュプレが剣を鞘から引き抜くと、キラキラとかすかな光を放つ黒いロングソードが現れた。根本から先端まで魔法のルーン文字が刻まれている。バランスは申し分なく、重さも完璧だった。軽く素振りをしてみると、シャンティのシャークバイトと同じように魔法の光の粒が剣の軌跡を描いた。巧みな手つきでスッと剣を鞘に納め、デュプレは王に向かって小さく頷いた。

「では行動に移るとしよう。王国のために……そして、ミナックスを倒すために」

ある種の秘薬らしき物をブラックソン王の保管庫から20個ほど持ち出したアノンは準備を終えていた。デュプレは重い盾に持ち替え、彼を救ったあの従者に命じて自分のではなくブラックソンの紋章をその盾に描かせた。壊れてしまった肩甲も交換したので、使い込まれた他の部分に比べて肩だけがキラキラと輝いていた。アノンはいつものようにラマ毛織りの衣類に身を包んでいたが、王から与えられた帽子もかぶっており、その帽子にもブラックソンの紋章が飾られていた。王がゲートを開き、一行は青く輝く入口の中へ一人ずつ足を踏み入れていった。

眼前の光景は混乱に満ちていた。ガード、冒険者、探検家、義勇兵たちが群れをなして通りを駆け抜け、襲撃者やその手下のモンスターを相手に戦いを繰り広げていた。島々の至る所で戦闘が勃発し、ベスパーの通りは血の染みで汚され、橋という橋は激しい戦闘の衝撃になんとか耐えていた。アノンはすぐさま詠唱をはじめ、閃光と共に場所から場所へとテレポートしていった。

その後ろ姿にデュプレが叫んだ。「アノン、あのバカ野郎!単独行動しやがって!急ごう!」デュプレは背後をちらりと見て王がついてきていることを確認し、二人は壊れかけた木の橋を駆け抜けて魔法使いを追った。一匹のサテュロス(Satyr)が出現したが、デュプレは黒い刃を引き抜いて斜めに切りつけ、やすやすと二つに叩き斬った。続いて向かってきたドライアド(Dryad)とクーシー(Cu sidhe)も瞬く間に討ち取られ、灯台を目指して駆け抜ける彼らの航跡を描くかのように、バラバラになったモンスターの体が道に残されていた。

アノンは既に付近の生物のほとんどを始末しており、準備にとりかかっていた。デュプレはヘルメットの下で毒づいた……このスタンドプレイヤーめ……。王がアノンに近寄って二人が話始めたので、デュプレは彼らに叫んだ。「オレはこの辺りを片付けてくる。それと、手伝ってくれる義勇兵がいたら橋の封鎖を頼んでくるよ」

アノンはあっちへ行けというように手を振って答えた。「好きにしろ!わしの邪魔だけはするなよ、うすのろが!」

立ち去るデュプレに軽く頷いてから、王はアノンの方に向き直った。「それで、必ず消せるのだな?これらの裂け目を」

「もちろんだ。もしこれがダメでも、その時は別の手がある」

「おや、かわいいこと!きっと新しい宮廷道化師ね!王様はヘクルスのバカっぷりじゃ物足りなくてアノンに代えたってわけ?」と、あざけるような声が屋根の上から聞こえたと同時に、空間に裂け目が出現しておびただしい数のライトニングボルトが放たれ、アノンが慎重に配置していた秘薬の一部を破壊した。「あら、ごめんなさい……それって大切な物だったかしら、魔法使いのボウヤ?ニスタル(Nystul)ならそんな物は要らなかったと思うけど……」

「うるさいッ!わしは、あんな奴よりずっと、ずーっと偉大なのだッ!奴はわしを、わしを妬んでいたんだッ!」怒りに燃えて喚き返し、アノンは詠唱を始めた。

「いけない、評議員。乗せられるな……」王はすぐさまアノンを引き留めようとしたが、魔法使いは聞く耳を持たなかった。

「あの女、絶対に殺してやるぞッ!」そう言うなりアノンの姿は消え、直後にミナックスのすぐ隣に現れた。彼の体の周囲で怒れる魔法の炎の柱が吹き上がり、屋根全体を焼き尽くした。……が、一足早くミナックスは飛び降りており、ムチを閃かせてアノンの足首をからめとると下から彼の足を強く引いた。怒号をあげたアノンはエクスプロージョンを唱えて彼女に打ち出したが、ミナックスはウォールオブストーンを唱えて巨大な石壁を出現させて防いだ。

ブラックソン王は取り組んでいた作業の方に向き直り、台無しにされた秘薬の方を見やった……予定していた計画はもはや達成不能だ、特にアノンがあの状態になってしまった状況では。一瞬だけ二人に目をやり、再び作業に戻ったブラックソンは自分自身で詠唱を始めた。アノンと魔女はまだ戦っていたが、どちらも圧倒的優位には立てずにいた……戦いながらミナックスが後退し、ある地点に誘導するまでは。アノンの位置からは見えない存在に気付いたブラックソンは大声で危険を知らせたが、その叫び声は憤怒に燃える魔術師に無視された。

悪意に満ちた笑いを浮かべ、身をひそめていた場所から立ち上がったシャンティはカットラスを振り上げた。驚愕の悲鳴をあげたアノンはパニックに陥りながらもテレポートを唱えて見事に逃げおおせた……ように見えたが、数歩分後ろの地点に再出現したアノンのローブには血の染みが広がり始めた。湿った咳をしながら回復呪文を唱えようとするアノンに向かってシャンティはゆっくり歩みよる……。その時、シャンティが現れた路地から走り出てきたデュプレがこの海賊に飛び掛かり、地面に押し倒した。

ミナックスは苛立ちで呼吸を荒げ、騎士の方向に向かって魔法を放ったが、単に二人の間に石壁を出現させてシャンティを守っただけだった。シャンティは起き上がると、笑いながら振り向いた。「また鎧を切り落としてほしいのかよ、あぁん?その願い、このシャンティ様がかなえてやろうじゃねぇか!」デュプレのロングソードがシャークバイトとぶつかり合い、魔力の刃で覇権を握ろうと二人は激しく打ち合い始めた。

戦いが熾烈に続くなか、ブラックソンは全力で呪文の詠唱に集中していた。アノンを呼び戻すこともなく、デュプレの助けをかりることもできなかった。体の中をマナが流れるのを感じ、アノンが生み出した呪文を唱えようとした……が、発動には至らなかった。無理なのだ、あの秘薬なしでは。危険を知らせる声が聞こえた。橋を突破した襲撃者がミナックスに加勢しようとしているのだ……もはや悩んでいる余裕はない。

エクソダスに対抗するときにも用いた専門的知識を活用し、さらにポケットに入れて持参していたクリスタルに触れることによって、彼は体内でマナを力強く湧きたたせた。まるで百万回も唱えてきた言葉であるかのように、力の言葉がすらすらと口から流れ出てくる。彼のそばに一つの光の球が現れて広がり始め、ゆっくりと彼を包み込み……そして王は、消えた。

広がる光が触れても建物は残っていた……だがアノンとデュプレに光が触れたとき、彼らも同様に姿を消した。襲撃者やその手下どもも同様であった。しばらくののち、その場に残されたのは空っぽのベスパーと探検家、冒険者、シャンティと魔女だけだった。多勢に無勢の状況に、二人が選んだ道は魔法による退却だった。



「なんということをしてくれたのだ!」それの広がりを感じるなりアノンはそう叫び、その声は洞窟状のエリア内で反響した。

「私は自分にできることをしたのだ……あなたが自分の役割を放棄してしまったから」と王は静かに言い、このまま口論にならないことを願いつつ、苛立つ魔法使いを見やった。

「これでは話が違うぞ、ブラックソン!」

「アノン、あなたに約束した対価を払う意志は変わっていない……だが、これしか残された道はなかったのだ」

「そんなことはない!奴らを二人とも倒せたはず……」突然言葉を切ったアノンは、胸を押さえて膝をついた。傷のために彼は胸を貫くような痛みに襲われていた。アノンはそれでも異議を唱えることをやめなかったが、王は手を差し伸べて彼を立ち上がらせた。

アノンの傷をさっと見て致命傷ではないと判断し、デュプレは戦いの終わりを告げるかの如く黒いロングソードを鞘に納めた。魔法使いたちが歩き去っていく間、デュプレはこの広大な空間を覗いていた……あの二人の議論は重要ではない、少なくとも彼にとっては。前方には彼がよく知る街々の小さな一角があるように見えた。デュプレは踵を返し、二人の魔法使いを追ってブラックソンのダンジョンから出ると、保管室を後にした。


(以下、原文)

Strange Bedfellows
Posted by Bonnie Armstrong | 2013 Nov 21 21:36 -0500 GMT
By: EM Drosselmeyer


"You don't actually think this is going to work, do you?" Anon scoffed at King Blackthorn's suggestion.

"Well if you don't think you have the ability to do it, I guess you can continue to be known as the second best mage of the realm..."

Anon slammed a hand down on the table, causing Dupre to give him a glare from his seat. "I still am afraid I don't understand...why are we not simply destroying the source of these?"

"Because we cannot without condemning untold numbers of lives. Anon and I have come to the conclusion that Minax used the shard of the gem of immortality she'd stolen to open up tears in the Ether to another world...a Sosaria conquered by brigands and outlaws. To destroy the connection might destroy one or both of the worlds. Instead...Anon came up with a plan that's somewhat similar to what Nystul once did..."

"It's completely different! We aren't destroying an entire way of life and the source of our strength!"

The King raised his hand and Anon reluctantly went quiet. "Alright. We can cast the spell, but we're going to have to be uninterrupted...and unfortunately, Minax and this...Shanty you told us of will be on the watch now. Anon is the only one of us who can cast it...and I'll need to assist him."

"Shanty's enchanted blade is powerful...it's one of those ancient blades that we'd thought were all lost. I don't have anything that can stand up to it."

The King pulled on a bellpull and Heckles entered, with an object wrapped in cloth. "It took some time, but I was able to find an object in my collection that may be able to help you against him, Sir Dupre."

As Heckles approached, he unwrapped it and held the sheathed blade out to Sir Dupre, and he drew it...to show a brilliantly gleaming black longsword, with magical runes engraved along it's length. The balance was impeccable, and it felt as if it had the perfect weight...He gave a small swing of it's blade, and saw the same motes of magical energy as Shanty's Sharkbite had cast. In a deft motion he sheathed it perfectly, and gave the King a nod.

"Then let us do this for the realm...and for Minax's defeat."


Anon's preparations were complete and he'd taken a score or more of obscure reagents from the depths of Blackthorn's vaults; Dupre had replaced his shield with a heavier version and had the squire that saved him paint Blackthorn's crest atop it in place of his own. He'd replaced the broken pauldrons and it gleamed brightly compared to the rest of his well worn armor. Anon had donned his usual llamahair outfit, but he was also now wearing a hat provided him by the King, also adorned with Blackthorn's crest. The King opened a gate and they stepped through the shimmering blue portal one after another.

The scene was chaotic before them; Guards, adventurers, explorers, and volunteers swarmed the streets, fighting the marauders and their monsters. Blood spotted and stained the streets of the city of Vesper as battles raged across the islands, the bridges barely holding up to the fury of the fighting. Anon quickly started chanting, and in moments he was teleporting with flashes of light from spot to spot.

Dupre shouted after him "Damn it, Anon, we have to do this together! Let's go!" He spared a glance to make sure the King was behind him, and they charged after the mage across the splintered wooden bridges. A satyr rose up in front of him, and Dupre drew the black blade out into a diagonal slash, and hacked the creature in half without facing any resistance. Dryad and Cu sidhe rose up to face him, and each one was dispatched with haste, leaving dismembered monsters behind them like a wake while they bolted towards the lighthouse.

Anon had already dispatched most of the creatures in the area, and was beginning his setup. Dupre swore underneath his helmet...Damned Grandstander...the King approached Anon and they began to speak, as Dupre shouted over to them. "I'm going to secure the area, and see if I can't get any of these volunteers to help us keep the bridges locked down."

Anon waved him off. "I don't care! Just stay out of my way, you nonce!"

The King gave him a nod as he departed, before turning to Anon. "And you're sure you can alter these tears?"

"Of course I can! Though we still have the other option if it won't work."

"Oh, look! How cute...it seems the Kings found himself a new court jester! Was Heckles not enough of a fool for you, so you've replaced him with Anon now?" The taunting voice came across from a nearby rooftop, even as a crack split the air and a multitude of lightning bolts destroyed several of Anon's carefully placed reagents. "Oh I'm sorry...were those important, little mage? You know, Nystul never needed..."

"I AM MORE POWERFUL THAN THAT PRETENDER EVER WAS! HE WAS JEALOUS OF ME, OF ME!" Anon roared back with fury at her even as he began to cast.

"No, Councilor, we need to..." The King quickly tried to get Anon's attention, but the mage was beyond hearing.

"I NEED TO DESTROY HER!" And with that, Anon was gone, reappearing next to Minax in a bare moment. Pillars of flame exploded around him in an arcanic burst of fury, setting the entire roof ablaze...but Minax had already leapt down, and her whip flashed out, gripping Anon's ankle and yanking him from his feet. Anon screamed in his rage as he cast explosions out towards her, but she raised up a great wall of stone to block them.

King Blackthorn turned back to the task at hand, looking at the ruined reagents...their original plan couldn't be finished now, especially with Anon indisposed. He spared a glance back to the two, and then turned to the task at hand...and began to cast himself.
Anon was still struggling with the Enchantress, but neither of them seemed to be able to gain a true advantage...until Minax led the fighting back towards a certain spot. From Anon's angle he couldn't see, but Blackthorn shouted out a warning that went unheeded by the furious mage.

Shanty rose out of his hiding place with an evil grin, and his cutlass swung up. Anon shrieked out in surprise, a sudden panicked casting of teleport looking like he'd completely avoided it...but as he reappeared a few steps back blood was starting to stain his robe. Shanty stepped forward as Anon coughed wetly, trying to cast a healing spell...when Dupre ran from the alley Shanty had appeared from and slammed into the corsair, casting him to the ground.

Minax snorted with irritation, beginning to cast at the knight, only for a wall of stone to rise up between them and protect him. Shanty turned with a laugh as he rose. "Wanna lose another piece o' yerself, eh? Shanty'll oblige yer!" As Dupre's longsword clashed with Sharkbite, they smashed into each other powerfully, their enchantments fighting for supremacy.

The fight continued to rage as Blackthorn focused all his efforts into the casting. He'd never get Anon back to what he needed to be doing, and Dupre couldn't help him here. He felt the mana being channeled through his body as he tried to cast the spell Anon had created...but he couldn't reach the threshold without the reagents. He heard a shouted warning and noticed one of the marauders coming across the bridge to aid Minax...and he no longer had time to worry.

Drawing on his own area of expertise that he'd used against Exodus, and the feel of the crystal he'd brought with him in his pocket, mana surged and flowed through him powerfully. The words of power came out effortlessly, as if he'd done this a million times before; An orb of light started to expand from around him, slowly engulfing him...and the King was gone.

As the light expanded and touched, it left the buildings behind...but as it touched Anon and Dupre, they vanished as well, as did the marauders and their minions. In moments all that was left was an empty Vesper, the explorers, the adventurers, Shanty and the Enchantress. Outnumbered vastly, the two fled in a burst of magical energy rather than face the wrath of their victims.



"WHAT DID YOU DO?!" Anon shouted as he realized the extent of it, his voice echoing in the cavernous area.

"I did what I could...because you abandoned your post." The King said calmly, looking to the irate mage and hoping this wouldn't end in conflict.

"This isn't what we agreed on, Blackthorn!"

"I'll still honor your price, Anon....but this was the only option left."

"No it wasn't! We could've killed them bo..." Anon's shouts were cut off as he clutched at his chest and fell to a knee, his wound lancing pain through his chest. The King helped him up, even as Anon's next words were more arguing.

Sparing Anon's wound a glance to see that it wasn't mortal, Dupre sheathed the black longsword with an air of finality. As the mages walked away, he looked down the vast hallway...their argument was unimportant, as far as he was concerned. Ahead were tiny glimpses of what seemed to be each of the cities he was so familiar with. Then he turned and followed the two mages, walking out of Blackthorns Dungeon and Vaults.
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。