ごちゃごちゃメモ@UO

米国公式サイトの情報はカテゴリの「[UO]パブリッシュ情報、[UO]ニュース」をクリックすると記事タイトルが一覧表示されます。クエスト情報はクエスト関連の「クエスト一覧」をクリック! TCに新Pubが導入された場合、検証結果掲載(ネタバレ注意!) 情報が見つからないときは「サイト内検索」で探してみてください。Link Free

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新たな友人たち、古き敵たち

新たな友人たち、古き敵たち
投稿日:2014年9月19日
By:EM Drosselmeyer

地下の洞窟は別の爆発で揺らぎ、彼の攻撃の猛威で屋根からは埃や小石が舞った。その女は石の椅子にただ座って、数人の自分の手下と男との戦いに聞き耳を立てた。彼女はその男が自分の手下に勝っていることは知っていた。彼が近づいてきたため彼の必死で強烈な声が聞こえた。彼は予想よりはるかに強力な呪文を唱えていたので、彼女は彼の激しさに全体が崩壊するんじゃないかと一瞬心配した。「ミナァーーックス!」


彼が近づいてきた。それは彼女の唇に悪魔のようなほくそ笑みをもたらすことになった。強烈なエナジーボルトが打ち込まれてドアは蝶番から引き剥がされ勢いよく開いた。彼女は降伏を示すように両手を上げながら微笑んだ。「ブラボー、大評議員...貴殿は私を見つけた。」

「ミナックス、今回のことに終止符を打つときがきた...一度、すべての者にわしが現存する最強の魔術師であることを示すこととしよう!」

「おぉ、何ですって?よろしい。私はお前がこれから何をするつもりなのかわかっているつもりだ。お前のために全ての力仕事をやったのがお前の王であったとしても、結局のところお前が私を捕まえた。王の駒の1つが王の指示に従ってやってきて私を捕まえたことに彼らは幸せを感じていることだろう。王の計画やリソースを使っていないことは疑いようもないが...」

ミナックスが話しているうちにアノンはいつの間にか両手を下ろしていたが、まだ魔法のエネルギーがパチパチしていた。「何をくだらないことを長々と言っている?!ここにいるのはわしだ。ブラックソンじゃない!デュプレでもない!」

ミナックスはなだめるような身ぶりで両手を広げた。「おぉ、そのとおりだ。しかし、もちろん...私の手下どもはほとんどの議員と証人を排除してしまった。そして、裁判のために私を連れて行った時、自らの手で一人で私を王に引き渡さなければならない。お前のメイジ評議会の力をもってしても、王の兵馬全てを無視することはできないだろう。事を終わらせたのはお前であるとお前自身は知っているが、他のみんなはブラックソン王を魔女の脅威を終わらせた者の一人として見るであろう。」

アノンは怒りで震え、両手から突然ファイアボールが放たれミナックスのほうへ飛んできた...それはまさにミナックスの顔を熱いものがかすめ彼女の肩越しに飛んでいった。「だまれ!お前の戯言に付き合う気なぞない!」

ミナックスはいまは口元に笑みを浮かべていた。彼女はシャンティが魔力を帯びて輝いているカットラスを手にして部屋の中に滑り込んできたのに気づいたが、彼のほうに頭を僅かに頷かせただけだった。「私が戯言を言っているという理由はなんだい?少し考えてみな、大評議員。お前は他のヤツらより賢いはずだ。しかし、人々は誰を信じるだろうか?ガーゴイルとその都市を救った王、かたや王国の仕事を放棄しデュプレの嘲笑の対象となっている魔術師のどっちを信じると思うのか?」

アノンの言葉にならない叫びと特に焦点を合わせることもなく彼から少し離れた全てのものに放たれた魔法のエネルギーの爆発で部屋全体が揺れた。ミナックスはすぐに言葉を続けた。「事を終わらせたのがアノンお前だとする必要はないのだ!誰もが愚か者ではない。誰もがそう思うわけではない...誰もが助けに出ているわけではない。お前は自分自身のためによりベターなことが出来るはずだ、大評議員よ。」

ミナックスはその後、黙った。彼女の目は一瞬シャンティへ目配せした...アノンは気まぐれで彼女が何を言おうと戦いはうまい具合に終るだろうとわかっていた。大評議員アノンは左の拳を握り締めた。その拳は裂傷をおっているようにみえた。ミナックスの声で再び緊張した空気が破られた。「アノンよ。私はお前のパワーを認めたからベスパーでお前から走り去ったのだ。私はお前が何ができるかを知ってそれに敬意を払っている...お前を尊敬すらする。そして、我々は他のヤツらにも同様にそれを強いることができる。以前、ヤツらはお前の要求に答えなかっただろう...それなのに何故わざわざ手助けを続けているのか?」

アノンは目をミナックスの上から下まで走らせて最終的には両手の緊張を解いて、ミナックスの隣に突然出現することだけはできるように両手を降ろしてきた。「ただ、知っておくがいい、ミナックスよ。これがもしお前のトリックだとしても、わしはお前を取り巻く世界を砕け散らせるだろう。わしは他の人々が死んだ時に生き残った一人なのだ。それが手伝った理由だ。」一瞬後、アノンは部屋から消えた。そして、ミナックスはシャンティのほうを見た...そして、彼ら二人は互いに歯を見せて笑った。

「私の敵の中の敵...」


(以下、原文)

New Friends, Old Enemies
Posted by Bonnie Armstrong
2014 Sep 18 19:32 -0400 GMT

Author EM Drosselmeyer

The underground tunnel rocked from another explosion, dust and pebbles shaking free from the roof at the fury of his assault. The woman merely sat in her stone chair and waited, listening as she could hear the fighting between a few of her minions and a man she knew outmatched them. As he got closer she could hear his frantic, furious tones as he cast spells far more potently than expected, and for a moment she worried he might collapse the entire complex in his eagerness. “Miiiiinaaaax!”



He was getting closer, and it brought a devilish grin to her lips. The doors were flung open as a bolt of pure energy smashed into them, ripping them from the hinges and she smiled, holding her hands up in a gesture of surrender. “Bravo, Grand Councilor...you have found me.”

“It is time to put an end to this, Minax...to show everyone once and for all that I am the one who should be seen as the strongest sorceror alive!”

“Oh, is it? Well I am sure you know what you are doing then. After all, you did catch me...even if it was your King who did all the heavy lifting for you. I guess they will be happy that one of his pawns came on his orders and caught me...no doubt using his plans and resources...”

Anon's hands dropped almost imperceptibly as she spoke, but still crackled with magical energy. “What are you blathering about?! I am here, not Blackthorn! Not Dupre!”

Minax spread her hands in a conciliatory gesture. “Oh, yes, but of course...it seems my people have removed all your little councilors and witnesses. And when you do bring me in for a trial, you will have to hand me over to the king...alone, even the might of your Council of Mages cannot defy all the King's horses and all the King's men. You will know that it was you...but everyone else will see King Blackthorn as the one who has ended the threat of the Enchantress.”

Anon trembled with fury, and he let loose a sudden fireball that burst from his hands, flying towards Minax...and just over one of her shoulders, trailing heat past her face. “Silence! I will not stand for your lies!”

Minax now let a smile play over her lips. She noticed Shanty slipping into the room, that enchanted cutlass glittering in his hand, but gave a slight shake of her head to him. “What reason would I have to lie? Think for a moment Grand Councilor. You are smarter than they...but who will people believe? The King who saved the gargoyles and their cities...or the mage who has abandoned their task for the realm and plays host to Dupre’s mockery?”

The entire room trembled in his fury as he shouted wordlessly, a burst of unfocused magical energy pushing everything slightly away from him, and Minax quickly continued. “You do not have to let it be that way Anon! Not everyone is a fool. Not everyone thinks as they...and not everyone is out to help them. You could...do better for yourself, Grand Councilor.”

Minax went silent then, her eyes flicking over to Shanty for a moment...knowing that with as volatile as Anon was that this might very well end in a fight no matter what she said. Grand Councilor Anon clenched his left hand into a fist and seemed to be torn. Minax's voice once more broke the tension. “I ran from you in Vesper because I recognized your power, Anon. I know what you are capable of, and I respect it...and I respect you. And we can force the others to as well. They would not come to your request before...so why bother continuing to help?”

Anon ran his gaze up and down her, and finally his arms relaxed, his hands coming down, only for him to suddenly appear next to her. “Just know, Minax, that if this is a trick of yours, I will bring your world crashing down around you. I am the one who has survived when the others perished...there is a reason for it.” A moment later he vanished from the room, and Minax looked to Shanty...and the two of them both grinned to the other.

“The enemy of my enemy...”
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

2010.7.9 FC2移転
Welcome
Presented by Z
どうでもいい?管理人情報
北斗のムーングロウに最初のキャラが誕生。 その後、ロストランドが実装された時にデルシアに移住(トランメルができるまでデルシアが拠点となる)。 死の街やオアシスに毎日のように通ったが、PKも毎日のように襲撃してきた(おかげで逃げ足スキルは向上)。 過去何度か休止期間があり、2013年6月に復帰したものの仲間が引退または休止中でぼっち状態に・・・

ぐりぐり

管理人:ぐりぐり

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
世界時計
画面内MAPの赤い点をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。その国が休日の場合は時計の色が薄くなります。
サイト内検索
カテゴリ
最新記事
最新コメント

openclose

QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。